fc2ブログ
お犬様の執事の日記
我が家のお犬様との日々を徒然なるままに・・・
プロフィール

お犬様の執事

Author:お犬様の執事
我が家のお犬様!、

ロン様(チワワ)と
シオン様(Mダックス)に
お仕えしております
執事でございます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

あくせすかうんたぁ

路線転換
やっと緊急事態宣言解除で少しだけ日常が戻ってきた気がします。
が、株価は暴落継続・・・キッシー暴落!
友人とそんな風に揶揄していますが。
(実際は、中国・米国のデフォルト不安、世界的インフレ圧力による金利上昇などの
外部要因に起因し、まだ始ってもいない新政権のせいではないでしょう)

わかっちゃいるけど、言いたくもなる・・・
と言うのもやはり言い出しました金融所得課税。
高市さんの持論というより自民党自体が増税路線なのでしょう。
この金融所得課税については、まだ詳細がわからないし、
即実行というわけではないのでなんとも言えませんが、
”貯蓄から投資へ”そして税金増へ
言ってることとやってる事が矛盾しまくりです。
年金じゃあ老後生活はおぼつかない、だから投資して、自助努力もしてください??
投資するということはリスクを取りにいくということ。
リスクをとって年間50万円を超える利益があれば
譲渡益課税で3割以上もっていかれる??
正直、やってられません。。。
本当にそうなるのなら、株式投資は止めるか、投資額を大幅縮小します。

自己満足の政策では、本当の富裕層は痛くも痒くもありません。
割をくうのは、努力して小銭を貯めて投資している個人です。
こんな小手先のだましをやるより、
個人のコロナで作った借金の棒引き(令和の徳政令)
若年層の社会保険料の減免を国債発行を財源にやれ!!
手取りが増えれば、お金も使うし、結婚もできるし子供も生まれます。
これこそ、少子化対策にもなると思うのですが・・・・
とにかく、一回でもいいから試しにやってみろ!!
効果がなければ止めればいいのですから、と言いたいですね。

自民党、その根本にある増税路線を転換しないなら・・・・
やはり、中間所得層のレベルは格段にさがることでしょう。。。。。

”人の意見を聞く”のが長所と言うのなら、
内閣府のHPへ意見でもしてやりましょうか??
(庶民の戯言としてどうせ無視されるでしょうが)
経済政策と喫緊の課題、コロナ対策について!
コロナは、国産の治療薬とワクチンの開発を即やれ!
鬼滅の義勇さんの言葉を借りれば、
生殺与奪の権を他人(他国)に委ねるな!!

ところで、ワクチンと言えばこんな会話をしました。
足の指先にばい菌が入り化膿してしまったのと、掌蹠膿疱症が復活・・
普段あまりいくことのない皮膚科を訪れました。

先生(以下 S):ワクチンは打ちましたか?
私(以下 I):打ってません。
S:どうして打たないのですか?
I:私は心臓病の家系ですし、mRNAワクチンは打ちたくないのです。
S:リスクがある人こそ打つべきです。
I:RNAの塩基は、A(アデニン)、G(グアニン)、C(シトシン)、そしてU(ウラシル)
mRNAワクチンは、ウラシルの代わりにスパイク蛋白を量産するためにシードウリジンを使っています。
これらを脂質ナノ粒子(LNP)で包んで、
PEG(ポリエチレングリコール)やプリソルベートでコーティング、
このPEGとポリソルが細胞に融合して細胞内でスパイク蛋白を発現させます。
自己発現したものには(ガン細胞を同様に)自己免疫が効きにくい、
しかもPEGなどは毒です。私の体質を考えたら中長期の副作用のわからないこんなもの打ちたくありません。
(相手が医者なら遠慮は無用、専門用語をぶつけてやりました)
S:・・・・・
(まるで平行線です。。。)

S:ワクチンのお陰で感染者(陽性者)は減ってきたし、私は打つことを薦めます。
I:東京は65歳以上は確かにそうだと思いますが、
65歳以上の接種率から計算すると若年層はまだワクチンは浸透してませんが。
S:その数字は医療従事者が入ってませんから。
(そうは言っても、今回の激減の主因、
20-30代の急減はワクチンでは説明できない。
まだ9月上旬はこれらの年代には行き渡っていないはず・・・
やはりかみ合わない。。。。)

I:では、ワクチンパスポートはどう思います。あれがなければ診察拒否ですか??
S:もうすぐ治療薬が出来ます。そうなればいらないでしょう。
軽症の治療薬が出来て(感染症分類)5類になれば、その頃にはワクパスは必要ないでしょうね。
I:そうですね。同意見です。(やっとかみあいました)

医師の意見も十人十色、
ですがワクチン、特にmRNAの至上主義は危険な気がします。
ワクパスも差別、分断を生み、そしてその国の国力を弱めます。
経済的にもいいことはないはずですが・・・

やはり国産の製法の異なるワクチンと治療薬の開発に路線転換すべきです。
(国産ワクチンなら、もっと多くの人が接種するでしょう。私もきっと)
今回のワクチン接種はあくまで緊急避難。
必要な人は打てばいいし、待ちたい人は待てばいいのです。

mRNAワクチンの優れたところは、一度に多くの抗体を作り出せること、
弱点は、自分の細胞内でスパイク蛋白を発現させることにより
マクロファージやT細胞などの免疫が強化できないこと、
私はそう理解しています。

最近、周りでワクチン接種後の(今まで生きてきて経験したのとは違う)体調不良
(病気ではないけどなにか不調、いわゆる未病状態)を訴える人が時々います。
私が今調べているのは、ワクチンを解毒・・いやいや、違った・・
これらの症状を緩和できるサプリはないか??
候補は、これ!(ネットから写真拝借してきました)

lps2.jpg

リボポリサッカライド・・・んんっ??、間違えたこれ、犬猫用でした。。。。
でも犬猫用があるなんて、初めて知りました。
もちろん、人間用もちゃんとあります。
「免疫のビタミン」と言われ、マクロファージやT細胞免疫を強化できるようです。

lps1.png
これもネットから拝借、
こんな効果があるようです(但し、血管内に直接いれると毒??)
もう少し調べて、効果がありそうだったら友人にも勧めてみます。

と、ここまでかいたら何やら頭痛がしてきました。
緊急事態宣言も解除されたことだし、週末からお盆に行けなかったお墓参りにいって来ます。
実家の整理とお墓参り、
余裕があれば気分転換に帰りに路線転換、
どこか行ったことのないところにでも立ち寄ってくるつもりです。



スポンサーサイト



真逆、まさかの・・・
「またどこかで会えたらいいね。ありがとう!お元気で!」
お店の女将さんとかわしたひとこと。
閉店前の1週間、真逆、まさかの混み具合でまともにご挨拶ができませんでした。

込まない時間帯はあるだろうと、そのときにご挨拶を!
そう思って居ても想定外の混み具合、食材まで全て品切れになるとは・・・
前記事の行きつけのお店、結局、最後の1週間で1回しか入れませんでした。

20210916181303_p (1)

最後にオーダーできたのがこれ、1/2カレー&昔ながらのスパゲティ!
十分に感謝の気持ちは伝わったのか?
今、心残りの時間を過ごしています。

ここ数日、そんな日々を過ごす私ではありますが、
相変わらず調べ物(調査研究などとたいそうなものではありませんが)は継続中。
なかば趣味のようになってきてますが・・・
と、言うわけで本日は日本政府も購入するノババックスのワクチンのお話です。

ノババックスは、米国では名の知れた1987年設立ナスダック上場の遺伝子ワクチン開発の会社です。

novavax (1)

塩野義とほぼ同じタイプのもの。
蛾の細胞を使って遺伝子組み換えにより生成したタンパク質(スパイク蛋白)を使ったワクチンです。

蛾の細胞内にスパイク蛋白の遺伝子情報を入れ生成、
その中からスパイク蛋白だけを取りだし、
ミセルナノ粒子(外壁は水溶性)にくっつけて偽のコロナウィルスを作る。

(この偽ウィルスの大きさがちょうどコロナウィルスと同じくらい)
さらにアジュバントという免疫を活性化させるものを加えて作られています。
(このアジュバント、サポニンという植物由来のものとのこと)
1回の用量はワクチン5㎍、アジュバント50㎍(ファイザーは30㎍)

このワクチンを注射すると、人間の身体に備わる免疫、
マクロファージがアジュバントをパクッといきます。その際にT細胞も、もれなくお連れします。
T細胞は、ウィルスの形状を記憶できる能力があり、
抗体価が下がっても重症化抑制などのある程度の免疫力継続は期待できます。
ファイザー&モデルナのmRNAワクチンと比べて細胞障害性も小さく、
(ある医師の弁を借りれば)
これなら心筋炎などの重篤な副作用のリスクも低減されるはずです。

有名医学雑誌、イングランドジャーナルオブメディンにフェーズ3の治験結果も載っていました。
14,039人、うちワクチン投与7,020名でコロナ罹患者は10名。
プラセボ(偽薬)投与、7,019名中罹患者96名。
有効性:(96-10)/96=89.6%(ちなみに有効性とは86名の罹患を防げたとの意味)
しかも特筆すべきは、二回目の投与で発熱は全体の5%未満
倦怠感などの副作用は4割ほどの方にあるものの、
これは全身の炎症が起きないことを示唆しています。

日本でも武田薬品と組み来年にはこのワクチンがでて来るでしょう。
もちろん、ほぼ同様の製法で作る塩野義も出てくるはずです。
ブースターショット(3回目)などせず、こちらを待つ方がいいでしょう。
それに、
ファイザー&モデルナのワクチン、
海外での最初の投与開始からもうすぐ1年。
誰にもわかりませんが、徐々に真逆、まさかの副作用報告が出てこないとも・・・
陰謀論と言われていたものが実は真実!?
見極めには時間が必要です。

待てば海路の日和あり!
待てば待つほど、副作用が少なく有効性の高いワクチンが出てくるはずです。
そして経口治療薬ももうすぐです。

これは、あくまで私見ですが、
日本人はデルタ株を克服出来たと思っています。

東京都、約2週間前のデータから、
65歳以上のワクチン接種率85%、2回摂取回数665万回、
東京都の人口(約1,331万人)から65歳未満の接種率をはじくと約39.6%。
ワクチン効果は65歳以上ではあったでしょうが、それ以下ではまだありません。
8月ピーク時の陽性率25%以上(現在5%程度)からみても、
ピーク時は検査数が追いついていない、無症状陽性者はかなり多かったと推測出来ます。
ワクチン未接種の無症状陽性者が感染を広げた結果、
かえって自然免疫が形成され、急速に陽性者は減少したと考えています。
自然免疫はワクチンの10倍は強い!
新たな変異株が出てこない限り、もう日本は大丈夫です!!
もっとも、総裁選とか他の話題にすり替えて、
何か隠しているか、情報統制がなされていれば別ですが・・・・

総裁選と言えば、高市さん頑張っていますね。
青山議員によれば、(少し前のデータですが)
議員票獲得予想順位:1 岸田、2 高市、3 河野、4 野田(敬称略)
(2位と3位はかなりの差がある)
党員票予想:1 河野、 2 岸田、 3 高市、 4 野田
(2位と3位の差は僅か)
とのことです。決戦投票に残れば、初の女性総理も本当にあり得るかも??

討論会などでの各候補の政策は、話半分に聞いていますが、
一刻も早く想定外の事態に備えて政治家には準備して欲しいものです。

ブレトンウッズ協定、近代史の教科書にでてきました。
1944年、米国ニューハンプシャー州ブレトンウッズで戦後の通貨体制を決定した会議ですが、まさか、またその名を聞くとは思いませんでした。
8月にそのときと同じブレトンウッズのホテルで重要な会議が開催されていました。
「デジタル通貨制への移行」、これがその時のテーマです。

ダボス会議、1年延期されましたが、このテーマが「グレート リセット!!」。
新世界秩序の構築です。
このダボス会議、総理が呼ばれるのと呼ばれないのでは大違い、
その一年の日本経済は、それにかかっているとまで噂されています。

年末から来年にかけて何か想像を絶することが起きるかもしれません。
ここ数日、中国の大手不動産開発会社、恒大集団(エバーグランデ)の騒ぎで株が乱高下しています。
中国発のリーマンショックか?などとも言われていますが、それよりも・・・
中国、米国の経済同時崩壊(国家的債務不履行)
それによる米ドル(基軸通貨)の崩壊と世界的ハイパー-インフレ・・・
世界規模の自然災害による世界的食糧危機などなど。
そんな事態になれば、どこかでドンパチやり始める輩も出てきたりして・・・
今の生活はどう変わってしまうのか想像もできません。

本当の危機とは、まさかの事態とは・・・ダレも想定していない時に起きるもの。
国民の命と財産を守る・・・しっかりと世界情勢を見て備えて頂きたいものです。
総裁選の後は衆院選・・・
日本は日程的に厳しいか・・・・
すっかりイベントと化してしまった感のある総裁選を見ながら、ふとそう思います。。。。



また一つ・・・
「今月、18日で店じまいすることにしたよ。50年続けてたんだけど・・」
また一つ行きつけのお店がなくなります。

20210910182143_p (1)
入り口にあるメニュー、
ご飯(洋食中心)と(今は駄目ですが)お酒、ボトルキープもできます。

昔は、お散歩の時によく前を通りました。
暇なときは、ご主人、わざわざ出てきてお犬様をかわいがってくれたものです。

20210910180944_p (1)
日替わり定食、720円(税込)
肉類、魚などを一皿に盛り付けてくれています。
この日は、焼く肉(ピリ甘辛味付け)でございました。
これより1品多いサービス定食(+100円)もございます。
どちらも昔ながらのナポリタンが盛り付けられているのが私には嬉しい限りです。
このお店、ラジオがおいてあり、ラジオで野球中継を聞きながらこのナポリタンを
最後に味わいながら頂くのが私の楽しみでございました。

最近、TV番組の取材がきて近々放送されるそうですが・・・
「閉店間際になってとは・・・」
ご主人、何とも言えないような表情が印象的でした。
ともかく、50年の長きにわたりお疲れ様でございました。

「ミュー株に続いて、また一つWHOが注意喚起している、イータ株の感染が確認されました・・」ラジオのニュースがそう伝えています。

変異株の命名は、ギリシャ文字のアルファベット順。
π、円周率で知られるこの文字もギリシャ文字ですが・・
ギリシャ文字は確か24文字、イータは7番目でミューはもうすでに12番目。
クサイなんて読み方の文字もあり、そのうち何が何だかわからなくなりそうです。
もう、しるかっ!、そんなもん!ギリシャでもローマ字でも好きなだけ使え!

って言いたくなります。。。

と、文句言っても始らないので、
検査に行った時に主治医の先生から仕入れた情報を。

自宅で亡くなる方が増えていますが、
あれは、幸せな低酸素症(Happy Hypoxia)とのこと。
血中酸素濃度が低下すると、通常はめまい、息切れなどが起きるものですが、
コロナウィルスがこれらを感知するセンサー、
迷走神経などの働きを弱めるため、
実際は、動脈血に流れる酸素量が減少しているのも係わらず、
暫くは平気で、そして血中酸素濃度低下を身体が認識した瞬間、
意識レベルは低下してしまい、ほおって置けばそのまま亡くなる
ということだそうです。これが自宅療養の方々を苦しめるコロナウィルスの怖いところです。
ならば、
もし自宅療養になって、何の治療薬も与えられず対処療法しかない場合は、
対応策はパルスオキシメータを使って、
まめにサチューレーション(血中酸素飽和度)を確認することです。
通常、96以上が正常値。96を切ったら30分おきに測定して、サチュレーション低下傾向なら即救急車を呼ぶ!
呼んでも来てもらえないなら、
動けるうちにタクシーを呼んででも酸素ステーションか外科病棟のある大きめの病院に押しかける。
そして、そこで(わざと)倒れる!

自分でなんとかする(自助)方法はこれがベストかも?

塩野義のワクチンですが、
免疫増強を目的(変異株対応)で成分のを一部変更したため少し遅れそうです。
また塩野義が中国の会社と合弁会社を作ったことで心配されて居る方もいるようですが、相手は平安(ピーアン)という金融(主に保険)会社です。
この平安と合弁で上海と香港にそれぞれ合弁会社を作るようですが、
ここから塩野義のワクチン成分が変更される心配はなさそうです。
が、イソジン、PL顆粒(風邪薬)なんかも含めて技術流出となると・・・??

さらに話にでたのが、ワクチンパスポート!
「あれは意味なしです!、ワクチン打っても感染するし、人にも感染させますから。」
主治医の先生は、即、こう言い切りました。
医学的にもそうですが、さらに問題なのはその運用方法です。
現在は自粛要請もお願いベースですが、
これをきっかけに法制化・統制を強めて行くことになれば・・
ワクパスや陰性証明がなければ、病院にも行けない、もちろん入院も見舞いにも。
母が亡くなったとき、看取りも許されず、遺体の引き取りもさせてもらえず(葬儀屋が代わりに)遺品は実家ではなく東京に送られて手元にすぐには戻らず、おまけに葬儀場まで追い出されそうになりました。
この経験から、ワクパスを口実にとんでもない差別的な扱いをする輩が必ずでてくると思っています。

さらに、「ワクチン接種は国民の義務」なんて考えている方、吹聴しなければいいですが、家庭でもそう断言していたら子供への影響は必至です。
中高生がこの影響を受ければ、仲間はずれ、いじめ、絶対に起きます。
そして追い詰められて自殺者が増えることも考えられます。
同調圧力にはやたら弱い日本人、
ワクパスの運用は時期尚早、もう少し熟考してほしいものです。
また一つ、ガースーのとんでもない置き土産が増えそうです。

ガースーと言えば、
退陣表明から次期総裁の話も紙面を賑わしていますが、
これも議会制民主主義の悲しさか?、私たちが直接選ぶわけではないので、
「政策でも何でも好きなだけ語ってろ!言うは易し、行うは難し!
本当にできるのか??、いざ就任したら無かったことにするのでは??」
そう疑いたくなります。が、やはり関心無しというのも・・・・
なので、少しだけ・・・今話題の女性候補について。

私は、本音を言えば早く優秀な女性の総理大臣が誕生してほしいと願っています。
なんせ、女性の方が危機に際し度胸が据わっていると感じますから。

かの候補、記者会見を見る限りでは機転も利き、プレゼンも上手でかなり聡明な方だと感じます。
女系天皇反対、夫婦別姓反対、
中国非難決議採択と防衛力強化の主張に靖国参拝と
ネットでは保守層に大受けのようですが、
日本経済強靱化計画なる記事を読むと気がかりな事が。
既にいろいろな方が指摘されていますが、それは、
50万円以上の金融所得(配当と株式譲渡益など)への増税と企業の現預金への課税に絡んでのことです。

”貯蓄から投資へ”、政府のうたい文句と逆行、
何より株式投資をやる者としては受け入れがたい!
詳しくは、また別の機会に書こうと思いますが、
私が気にしているのは、彼女の総務相時代のこの発言。
「預金口座全てにマイナンバーの紐付けを義務づける!」
彼女は代弁者に過ぎないのでしょうが、ここから見えてくるのは将来の貯蓄税です。
株はやらないから私には関係ない!というのではなく、
株式譲渡所得への増税->企業の預金への課税(これは二重課税でおそらくは没)->1千万以上の預金者への課税->全ての預金者への課税。この流れを想像しています。個人の預金残高を政府が把握、必要に応じて課税するなど言語道断!
財産権の侵害、憲法違反そのもの!とても民主国家のやることではありません。
いや、仮に1万歩譲って、税金が全て日本国民のために使われるなら、
時期が来ればそれも致し方ないのかもしれませんが、
今までの政府のODAだとか海外へのばらまき実績をみていると・・・・

さらに所得税一律10%なども言われていますが、
これは課税所得で計算してみると年収(額面)640万以下はメリットなし、とくに低所得者には増税になります。
今の中間所得者層を貧困層へたたき落とすつもりでしょうか??
私の考えすぎかもしれませんが、
誰がなるにせよ、根本的に政府が変わらなければこの方向性が見えてくるのかもしれません。また一つ、日本の未来が暗くなる気がします。

財政出動というなら、
現在の結婚適齢期の方を中心に社会保険料を減免、
コロナが収束するまでは全て国債発行で肩代わり(なので将来受け取る厚生年金等には影響なし)、
その後は年収でも年代でもいいので一定基準を設けて10年間ほど肩代わりする。
現状、額面年収2百万~3百万で社会保険料負担は30万を超えています。
消費減税もできないというなら、手取額を増やせ!!
こうすれば結婚適齢期の若者は手取りが増えます。子供も増えるでしょう。
個人消費も刺激され日本経済も活性化することでしょう。
どうせなら、小手先ではなくこれくらい思い切ってやってもらいたいものです。

と、また後半は暴走気味ですが・・・
今日は9月11日、あの衝撃の同時多発テロから20年です。
追悼式典参加の条件に9.11のデクラス(Declassfication:機密解除)にバイデン爺さん署名したそうです。
また一つ重要な軍事機密が解除されそうです。
最後にあの大惨事で亡くなられた方に哀悼の意を表しご冥福をお祈りするとともに
今回の記事の締めくくりとしたいと思います。



もうひとつの視点
ある日の朝のこと、起きると枕に血が・・・・
鼻血??、いや出ていない・・・では一体どこから??
なんと、耳から出血していたようです。
鼻血は子供の頃からよく出ていましたが、耳からは初体験でございます。
しかも頭痛もする。。。。。

「これはいよいよどこかでデルタに感染?ついに頭まで菌がまわったか?」
私も無症状感染者から自宅で倒れて・・・
どうも自粛生活をして続けていると(しかも禁酒も)、
悪い方に考えがいってしまうものでございます。
が、しかし、冷静に考えればこれがコロナウィルス暴露から来た症状で、
しかも頭に回ってるならとっくに倒れているはず!
やはり、生兵法ではなく耳鼻科のしっかりとした意見を!
と思い直し、耳鼻科の先生の診察を受けると、
「外耳をひっかいて傷つけたようですね。
血液をさらさらにする薬を飲まれてますから、
(血が枕につくほどなのは)その影響でしょう。」
薬をもらって2,3日で治りました。
(自分のずいぶんと汚れた耳の中を見せられてのは恥ずかしかった。。。)

ところで、ここのところネットを含めデルタ株のニュースが多いですね。
感染爆発、医療崩壊、自宅療養の悲惨なリポート・・・
何だかデルタ株といえば恐怖の象徴のよう??
こんなニュースばかりでは気が滅入ってしまいます。
こんな時は、視点を変えて検証を行ってみることにしました。

IMG_20210831_0001 (1)
厚労省のHPのコロナ感染症に係わるデータの中の
そのまた片隅にひっそりと、こんなデータが開示されています。
このデータ、あくまで動向調査のための速報値とのことで、
表の縦計、横計は合わない・・しかも重症者数が8/25時点で累計515名って??
(基準が違うのでしょうがは発表とは全くあわず)少なすぎです。
が、全体の数値は使えそうなので、ちっとデータを私なりに集計してみました。

7/22-8/25の35日間をデルタ株、
4/1-7/21の112日間をアルファ株の蔓延期間と仮定して、
年代別の死者数と死亡率の一日平均の値
を算出したのがこちら、

IMG_20210831_0002 (2)
オレンジの棒グラフ:アルファ死者数、ブルー:デルタ
オレンジの折れ線グラフ:アルファ年代別死亡率、グレー:デルタ
(小さくて見にくくてすみません、拡大してご覧下さい)

60代以上はワクチンの効果と思われ死亡率激減です。
そして、
まだワクチンが行き渡っていないはずの50代以下もさほど変わらず!
自宅療養中に不幸にしてお亡くなりになる方(これは人災です
これさえ防げれば、問題は解決します。
デルタは現在のところ強毒化などしていません!!
データ分析(そんなたいそうなものではありませんが)の視点からは、
デルタはアルファと変わらず、大げさに恐れることはないといえるでしょう!

もう一つ、要入院患者(中等・重症)と自宅療養(軽症・無症状)の比較もやってみました。

IMG_20210831_0003 (1)
40-50代、30代以下ともに激増です!!
しかし、死亡率で見るとそれほど酷くなっていません。
いかに軽症・自宅療養のケアを行うか次第で十分対応できるはずです。

それには、軽症向けの治療薬です。(ここからは私見です)
治験中の治療薬でも無料で本人の希望するものを配布すればいいのです。
ワクチンは最近FDAが正式認可しましたが、それまでは治験中のもの。
何故、ワクチンは(治験中でも)良くて治療薬は治験中のものを配れないのか??
私は、それが疑問です。

そして、50代以下にもとにかくワクチン!?
諸外国の例を見ても、ワクチンを打っても感染、しかも重症化する例もありました。
ファイザー&モデルナのワクチンは、まだ改良されていません。
それをブースターショット(3回目)で抗体価をあげる??
抗体価が下がれば、その都度打つ!
そんな事を繰り返していれば、そのうち1ヶ月に一回打たなければならなくなるかもしれません??
それこそ、長期の副作用は未知数のものであり危険きわまりないことです。
(陰謀論ではなく)本当に自己免疫疾患を発症してしまい、
中には不妊症になる人もでるのではないかと危惧してしまいます。

mRNAワクチンが変異株を押さえ込めない以上、
別のタイプのワクチンを試してみる価値はあると思います。
例えば、
東京都医学総合研究所が開発している
ワクシニアウィルスベクターワクチン!

弱毒化した天然痘ウィルスに
スパイク蛋白の遺伝情報を組み込んで作るワクチンです。
mRNA(ファイザー&モデルナワクチン)は
スパイク蛋白の設計図を人の細胞内に送り込み細胞内で発現させるもの、
対してこのワクチンは、
あらかじめ作っておいた偽スパイク蛋白を体内へ送り込むもの。
それゆえに、その人の体質によって
スパイク蛋白や感染増強抗体が増えすぎることはないと推察できます。
従来の不活化・弱毒ワクチンに近く、安全性も高いでしょう。
そしてカニクイザルの動物実験でも副作用は少なかったようです。
さらに1回打てば一生その効果は持続するとのこと!
ですが、世に出るのが令和5年以降・・・・・このままでは・・

日本もこのワクチンに資金を投入して治験を急ぐべきです。
ファイザー&モデルナのワクチンの追加購入より、
日本製ワクチンに注力して一刻も早く完成、
働き盛りや若年層にはこのワクチンを薦めるべきだと思います!!

総裁選だ衆院選だ!、も大事でしょうが、
これくらいやらんかい!!
いや、どうせ出来そうもないなら、
せめて国民に広くこれらの情報を開示して
意見ぐらい聞いて見ろ!
と、いいたいですね。

あと一つ情報があります。
PCR(ポリメラーゼチェーンリアクション)検査、
FDAが緊急使用許可を年内で取り消した関係上、日本も来年からは別の検査方法が採用されそうです。
今、有力候補と言われているのが、
富士レビオ社(H.U.グループホールディングス)のエスプライン!
鼻腔ぬぐい液での抗原検査方法のようですから、PCRと同じような感じでしょう。
が、これはコロナもインフルも区別して検出出来る優れもののようです。
他にも栄研化学のランプ方(LAMP)、
栄研化学はSARSの検査でも実績のある会社です。
(富士レビオも診断薬では有名な実績のある会社です)

米国には診断薬で有名な会社は多々ありますから、
日本の会社が世界標準として採用されるのかはわかりませんが、
そうなったら株価は??
さて、どうなることでしょう??
(個人投資家の視点から)

最後にグラフのもとデータの表を加えておきます。

IMG_20210831_0004 (1)

まだデルタ株の蔓延は収束していませんが、
(個人的にはまもなくピークアウトすると思っていますが)
大丈夫です!なんとかなります!!
もう少しですから、頑張りましょう!



暁に祈る終戦の日
またしても豪雨にコロナ感染拡大・・・・
天災と人災が日本を席巻しています。
被害に遭われ方々、お亡くなりになられた方々に哀悼の意を表したいと思います。

大雨の中、参拝してきました。

20210815105221_p (3)
華の都の靖国神社!

私は10時半頃に着いたのですが、

20210815102806_p (3)

参拝まで30分待ちでございました。
昨年は晴れていたこともあり2時間半待ちでしたから、
涼しい今年は体力の消耗は避けられましたが、かなり濡れてしまいました。

先の大戦、大東亜戦争で日本を守るために散った英霊の方々へ、
そして戦争を生き残り、
焼け野原からこの日本を再生して下さった英霊の戦友の方々へ、
毎年感謝を申し上げるため、この日は靖国に参拝しております。
今年は・・・さらに・・・
今一度、この日本をお助けください。お守りください!
こうお願いして参りました。

天災はある程度は致し方ないとしても人災はいただけません!
コロナごとき(こう言っては罹患され苦しんでいる方々や亡くなられた方々に失礼なのを承知で)
対応を誤ってオタオタしているようでは、
とてもこの先日本を待ち受ける試練には太刀打ちできません。
英霊の方々には、
阿呆な政治家とお役人の枕元に立ってでも(化けて出てでも)
気合いを入れ直して頂きたいものでございます。



コロナ関連、今まで私が調べた情報を整理してみます。

デルタ株
感染力は水疱瘡並に強いが、毒性は従来と変わらない。
よく40-50代が重症化、若者も重症化する人が増えたといっていますが、
あれは感染者数が増えたせいであり、
厚労省のデータにある重症化率からみると従来株と変わりません。
過度に恐れる必要はないと思います。
今まで通り、蜜を避けうがい・手洗いの実行、
プラス5ALA等のエビデンスのあるアプリを飲む、
これで十分対処出来るはずです。
が、デルタは、従来株より急速に病状が悪化するのは事実のようで、
軽症から中等症へ、そして重症化しないように早めに手当することが重要です。

今回の感染拡大は予想出来たはず・・・
それを軽症者の施設も作らず(オリンピックをやるため?)、
何の治療薬も提供せずでは悪化する人、レアケースでありますが最悪亡くなる人が増えるばかりです。
エノビット、イベルメクチンなど効くといわれている薬はすでにあるはずです。
片っ端から無症状者、軽症者に配れ!
(上流を押さえれば、医療崩壊などしない!!)
やる気になれば、そのくらい出来るはずですが、
阿呆の一つ覚えの”緊急事態宣言延長!?”
これでは、経済的にダメージが増えていくばかりです。。。。。
NY株があがってもついていけない日本株・・・
それが無策を、いや愚策の結末を予想しているかのようです。


ワクチン
ファイザー&モデルナのワクチン(mRNAワクチン)は抗体をつくる事に優れ、
アストラ(アデノウィルスベクター)はT細胞免疫をより活性化できるようです。
(mRNAワクチンもできるが、それよりも優れているということ)
ただ、mRNAはデザインする抗体はすばやく作れるが、
変異されれば追いつかない。
アルファ株(英国由来)は変異部位1箇所だったため、
mRNAワクチンは十分に効力を発揮できたが、
変異が3箇所に及ぶデルタには十分に発揮できていない。
故に、諸外国の例を見ても2回接種済でも感染してしまう実例がでてきたようです。

コロナウィルスはスパイク突起の他にもいろいろな部位を持っていますが、
mRNAは、スパイク部位だけをターゲットにした抗体をつくります。
それに対して、
従来の弱毒化生ワクチン、不活性化ワクチンは、
スパイク突起などを含めたウィルスそのものをターゲットにできます。
この点からも塩野義などのタイプのワクチンは十分効果があるはずです。
(今、塩野義はデルタにも効く改良を目指しているようですね)
ちなみに中国製(シノバック、シノファーム)は不活化ワクチンですが・・・・
発想は正しいが、量産化すると品質劣化するため効果なしのようです。
それどころか、別のウィルスを仕込んでいる(?)との陰謀論もあるくらいですから・・
こいつが効かないからと言って不活化ワクチンすべて駄目とはならないでしょう。

ファーザー&モデルナ(mRNA)ワクチン
接種後の死亡例が1,000に迫っています。
若年層には心筋炎発症の傾向がみられます。
若年層は、免疫反応が強くでます。
数年後、その免疫反応が暴走して
リュウマチなどの自己免疫疾患を発症しないとは言い切れません。
コロナの治療薬として使われているアクテムラ、
こいつはリュウマチの薬です。ウィルスとワクチンは表裏一体のもの、
数年後の自己免疫疾患発症の可能性は否定できないと思います。

供給量も不安定なこのワクチン、
40歳以上の人には(血管系、循環器系の基礎疾患がある人以外は)
現有分を接種、
少しでも不安な人は塩野義や武田の日本製を待つ。
39歳以下は希望者のみ、希望者以外は塩野義を薦める!
これがベストだと思います。
それを、ワクチン、ワクチン!とこれまた阿呆の一つ覚え!!
ちっとは海外の実例も考慮して考えろ!
そして、現有の情報を国民に正確に知らせろ!
と言いたい!!

東京都は年初から重症者用の病床を2倍近くに拡張、
療養者用ホテルにも医療従事者を常駐させ、
抗体カクテルを使えるようにするようです。
これは評価できます。が、抗体カクテルの供給量がたりないとか・・・・・・
何をやっているのか?
元来、抗体カクテルは米国 リジェネロン、
中外の親会社スイス ロシュ社が共同開発したものです。
足りないなら、土下座してでも即輸入しろ!!

そして、いっそのこと
オリンピック選手村を無症状・軽症者の療養施設に鞍替えして、
医療資源を集中、治療薬(治験用でもなんでも本人が希望するものを)配布、
抗体カクテルも量産化・輸入して打って打って打ちまくる!!
自粛のお願いばかり念仏のように唱えないで、
それ位やらんかい!!
もっとも今はパラを中止にしなければできませんが・・・

ついでに、
コロナの扱いをインフル並(5類の感染症)にするという案もあるのですが、
これはインフルのように治療薬があってこそ可能!
今、これをやれば町医者に患者が押しかけて違う意味で難問山積になるかも??


どうもいけません。
これを言い出すとまたまた暴走気味でございます。
お口直しに、

20210815105640_p (3)

今まで気がつかなかったのですが、
靖国には全国から醸造酒が奉納されており、各都道府県別にその銘柄リストが提示されておりました。
私の故郷、徳島は・・・・ない・・ひとつもない!!
少しショックを受けながら、
今年は感謝どころか虫のいいお願いまでして靖国を後に致しました。
お願いをする以上、
お百度参りとまではいきませんが、
暫くは、願掛けのため自粛・禁酒を続けていきたいと思います。

17日追記)
どうやら、化けて出て頂きたい輩が追加されそうです。
分科会の輩ども、
行動制限を検討だと!?
制限するなら金をくれ~!
(昔のドラマの台詞?)

国家権力を動員して国民の行動制限なんか冗談ではありません。
CCPはやっていましたが、彼の国は突貫工事で病院を建てていました。
これはある意味凄いことです。
日本では、そこまではとてもできないでしょうし、
補償もろくにする気がないなら、
さらに経済は悪化して、こんどこそ最悪の事態にまっしぐらです。

分科会の阿呆ども、
こんな馬鹿げた提言をする前に
すぶすぶの水際対策(政府はまた入国制限緩和するようです)を止めさせろ!
それも出来ず、今までろくな提案もできなかった輩が言うことではありません。
軍医の英霊の方々
こやつらにはとうとうと説教をかまして頂きたく、御願い奉ります!



効果それとも逆効果!?
5ALA(アミノレブリン酸)、やはり効果はありそうです。
最近、時々喉が痛くなります・・・
もしやデルタ株の市中感染??
そんな時は多めに(2カプセル)アラプラス糖ダウンを飲んで寝る!!
翌朝にはすっかり治っているのです。
必ずしも感染とは限りませんが、体調を整えるには私には効果があるようです!

5ala2.jpg

と、言うわけで、
またまた薬局巡りをして探してまいりました。
アラプラス「深い眠り」
これ、糖ダウンのシリーズもののようですが、
こちらは5ALA含有量が50㎎!(糖ダウンは15㎎)

糖ダウンでのダイエットはお調子者の私には逆効果?
なので、こちらに切り替えました。
が、その翌週から体重が・・・1キロ増量!!
アラプラス糖ダウンの効果は、糖質カットではなく糖質を効率的に燃焼させる。
こちらは「眠り」なので糖質燃焼の効果は・・・・
どうやら、糖ダウンもそれなりに効果があったようです。
ならば、いっそのこと両方とも飲むか??

サプリもエビデンスのある物を自分に足りない栄養を補うために厳選して飲んでください。片っ端からでは・・かえって逆効果になりますよ!!、貴方は特に注意です!」
主治医の先生のお言葉を思い出し・・・ちょっと迷っている私でありました。
そういえば、主治医の先生、
職域接種で忙しく、しかもテレビにも出演したそうです。
私は地上波はほとんど見ないので、XXに出たと言われても・・・
そっけない回答の私に少し残念そうな先生の表情が印象的でした。

ところで、東京はまた緊急事態宣言の延長でございます。
オリンピックはテレビで観戦しろ、酒は飲むな!
(知事様たちは)今年も帰省はするな!
そう言われても・・・ニュースでは選手村の乱痴気騒ぎも伝わってくるし・・
日本はメダルラッシュだし・・・・
これこそ、逆効果!!

私はお祭り騒ぎは大好きなので、
オリンピックはできるだけ見ないようにしています。
見ると、うぉ~!とあいてるお店を探して飲みに行ってしまいそうなので・・・
それでも、野球と7人制ラグビーは見ましたが。
(サッカーは・・・これは周りもファンが多く興奮しそうなので、ネットで中継ライブを)

ラグビー・・・あまりのテイタラクに愕然としてしまいました。。。
接点で競り負け、ディフェンスはザル、ステップで軽く抜かれ振り切られ・・・
女子ラグビーに至っては少し前まで中国とは実力伯仲していたはずが、
ワントライも取れず・・
これ、観に行っていたら・・・大荒れで飲みまくっていたかもしれません。
(観に行けなくてよかったかも??)

世間がオリンピック一色になっている間に、
海外では気になるニュースが流れています。
CDC(米国疾病予防センター)によれば、
①PCR検査を今年の12月で止める(正確には、年内でPCRのコロナ診断への緊急使用許可を取り下げる)
(来年からはPCR検査での診断は意味を持たなくなるかもしれません)
②ファイザー&モデルナワクチン2回接種でもデルタ株には感染する。
③しかも、ワクチン接種者も感染源となり得る(他人にうつすのに十分なウィルス保有)

とのことです。
ワクチン接種後の感染は、イスラエル、カナダ、英国などでも報告されています。
(私たち日本人は他人にうつさないようにワクチンを打つという人も多いはず。
でも、これも意味をなさなくなりました。
ワクチンとウィルスは所詮イタチごっこ・・ですが
想定よりも強烈な変異をしているのかもしれません)

他にも、
シンガポールでは感染者数は気にせず(発表せず)、重症者、死者数のみを指標とする方針に転換。
米国、イスラエルなどではデルタ株に対抗するためブースターショット(ワクチン3回目接種)を検討している。
などのニュースがあります。
私見ですが、ブースターショット!、これは危険過ぎます。
ただでさえ、長期間の副作用が未知数のワクチン・・
しかも回数を減るたびに重くなる傾向がある副作用・・・
日本でもワクチン同調圧力担当大臣とやらが検討しているようですが、
それよりも、
塩野義や武田薬品のmRNA、アデノウィルスベクタータイプとは異なるワクチンを完成させてデルタ株への効き目を検証して見るのが先だと思います!

それにつけても、(ここから執事、暴走開始でございます)
日本政府はどうなっているのでしょう。。。。。
報道がすべて真実なら、ついに狂ったか!!
①周期性(季節性?)、②デルタ株の流行、③オリンピック開催による間接的な効果(人流の増加)
現在の感染拡大は容易に想像できたはずです。
何の事前対策も打たず、今になって重症者以外は自宅療養??
医療現場でいう重症者とは・・今にも死にそうなほど酷い状況の患者です。
東京都の基準では、人工呼吸器かECUMO装着の患者、
ICUに入っていても人工呼吸器が装着されてなければ、中等症IIに分類しています。

日本はコロナ治療、ワクチンともに先進国の中では遅れています。
が、後発の利というものがあるはず!!
他国での症例は(遺伝子がことなるゆえ)100%鵜呑みにはできませんが、
それでもかなり参考になるはずです。
それを念仏のようにワクチン・・・ワクチン・・と唱えるだけでは・・・

私なら・・・
ファイザー&モデルナの供給量が見通せないワクチンは現状保有分のみ接種、
特に重症・死亡例の少ない若年層は中断!
塩野義他国産ワクチンに全力を投入して一刻も早く実用化する。
(若年層の感染が・・・と騒いでいますが、無症状が多い、かつ
高齢者はワクチン効果で感染減なら、多少ほっといても、かえって自然免疫が獲得できる)

カナダのサノタイル社のエノビット(コロナ治療の点鼻スプレー)を大量購入して、
無症状感染者の予防、自宅療養者などへ配布する。
(現状は、解熱剤などしか処方されておらず対処療法しかできていないはず、
これでは万が一急変した場合には手遅れになります。治療薬の配布が必須です)

さらに軽症・中等症者には抗体カクテルを量産して、打って打って打ちまくる!
(点滴投与はとても自宅では・・医師の管理下でないといけません)

もちろん、規制やら複雑な法律やら素人にはわからない障壁があるのでしょうが、
予算は30兆円繰り越したはずですし、
支援金も国民に配りたくないのなら、
強権発動でかまいません。無茶をしてでもこれくらいやってもらわないと・・

「安心・安全」と壊れたレコード(例えが古い)のように繰り返し、
飲食店・酒だけを悪者扱いして、
ワクチンの否定的意見をデマと決めつけて、海外の情報も伝えない嘘つき!
こんなことを繰り返していては、まさに緊急事態宣言など逆効果!
政府は信用出来ず、誰も言うことをきかなくなります。

念仏総理に中小企業壊滅担当大臣にワクチン同調圧力担当大臣・・・・
もうこんな奴らはいらない!!顔を洗って出直して来い!!

日本のコロナ対策は、このままでは経済破壊で中間層壊滅、
コロナに打ち勝つところか、逆効果絶大で、
さらには最貧国への道が開けてしまいます。
(それでも海外を主な取引先とする大企業は潤うでしょうが)
感染爆発に加えて人災は避けてもらいたいものです。

8/9 追記)
また一つ残念なことがありました。
先日、農水省が大阪堂島商品取引所の米先物取引の認可を停止、
これにより江戸時代より続いた米の先物取引が廃止
されてしまいました。。。

株式先物、FX(外国為替先物)、金などの商品先物取引がさかんな現在、
日本では遡ること300年前、既に米の先物取引が大阪堂島、江戸蔵前の市場で行われていたのです。

それを・・・米の取引が「こしひかり」しかない??
投機として利用される可能性がある??(そんなものやる気なら海外資本がすでにやっているはず)
こんな理由で世界一の歴史のある米先物取引を停止してしまうとは・・・・
お役人の脳細胞は思考停止しているのでしょうか??

米先物相場、歴史があるだけではありません。
米本位制の江戸時代において、現れた不世出の天才相場師、
出羽酒田の本間宗久

彼は独自の罫線分析を駆使して、米相場で連戦連勝!
そのあまりの無敵さに、
「酒田照る照る 堂島曇る 江戸の蔵前雨が降る」
こんな”はやり歌”まで生まれたと伝えられています。

酒田護法(さかたごほう)、
彼が駆使したと言われる罫線分析法、
その輝きは、現代でもいささかも失せてはいません。
(私も株を始めるときに勉強しました)

日経新聞も米先物取引の停止は、
価格の透明化が遠のく、農業競争力向上へ痛手!
と否定的に報じています。
まさに逆効果!!
政治家を始めこの国のお役人様は、阿呆なのでしょうか??


潮流
その名は、ステムキュア!

最近、大日本住友製薬傘下のDSファーマアニマルヘルスが販売開始した犬の胸腹部椎間板ヘルニアの治療薬です。
これは世界初の犬専用再生医療薬
犬(同種)脂肪組織由来間葉系幹細胞を主成分とする・・・・と長ったらしい説明がありましたが、
同じ犬種から採取し培養した幹細胞を使ってヘルニアを治す再生医療薬。

dog1.jpeg

当初の触れ込みは、注射一本で犬のヘルニアを治す!
(このイラストのイメージ)でしたが、
調べてみると、
幹細胞の入った薬品をブドウ糖で薄めて1週間に1回、
投与間隔を5日とし3週間投与(静脈点滴)での完治をめざす
ようです。

そしてさらに、この治療は
犬のヘルニアの診断・治療について十分な知識・経験を持つ獣医師の下で、
バイタルサイン*の確認や
臨床検査によるモニタリング等の適切な対応が可能な体制下で
行うべきであるとの条件がついています。
(*バイタルサイン:血圧、血中酸素濃度、1分間呼吸数などの数値をまとめたもの)
と、いうことは大学病院か動物高度医療センター、
あるいは獣医さんでもそれなりの設備が整ったところでしか治療はできない。
まだまだ、
我が町の獣医さんにお気軽に治療をお願いできるレベルではないということですね。

また同犬種から採取した・・・ということは犬種が限られる?
ダックスのような胴長の犬種は当然治療対象となっているはずですが、
チワワは?パピヨンは?ゴールデンは?そしてミックス犬は?
お伝えできる情報がたりません・・・・

現状では、私が調べられたのはこれくらい。
調査・取材不足ですが(ちょっと大げさな物言いですが)、
この再生医療は、遺伝子治療とともに間違いなく時代の潮流に乗るものです。

慶応病院では人の脊髄損傷の再生治療の治験を行うようです。
人も動物もあと10年以内には、(いや、もしかしたらそれよりも早く)
老化・病気などで傷ついた人体を再生医療で修復し、
健康でもっと長く生きられる時代が来る!
お犬様と、お猫様ともっと長く一緒に、健康に暮らせる時代が来るはずです。

今側にいるお犬様、お猫様、
あと少し、あと少しです。頑張って生きるのです。
いつまでも・・・とは言えませんが、もう少し一緒に居られる・・・
そんな時代はすぐそこまで来ている気がします。
時代の潮流は、その方向へ流れているのです。


ここからは余談になりますが、
今日(19日)は休みではなかったのですね。。。。
私の地区は、今日は燃えるゴミの収集日。
そのお陰でカレンダーは変更されているのに気づき、事なきを得ました。
危うく昼間まで寝てしまうところでした。。。。。

東京オリパラが一年延期されて、
カレンダーの休日表示変更が間に合っていなかったのですね。
思えば、今回のオリンピック・・
新国立のデザインから始ってケチの付きっぱなし、トラブル続出です。
おまけに茶番とも言える緊急事態宣言下。
洋風居酒屋をやっている知人は、酒の提供への金融機関や卸を通じた圧力に(撤回したようですが)
こう言って怒り狂っていました。
「オリンピックを強行し、日本のメダルラッシュになれば、
みんなそれに興奮して、いままでの失政はなかったことにできる。。。
国民をバカにして、そう思っているのだろうが、
そうは問屋がおろさん!!今回ばかりは・・・」

今回のオリンピックをきっかけに
時代の潮流ならぬ転流に乗ってしまい、
日本がさらなる転落となるきっかけにならないように祈るばかりです。

追記)
今し方ニュースが・・・
中外製薬のコロナ治療薬、「抗体カクテル」
厚労省による臨時使用許可の承認がおりたようです。
(本日、中外製薬の株価は堅調でした。大丈夫だとは思っていましたが)
これで塩野義のワクチンも承認されれば、
ワクチン、治療薬と対コロナの両輪がそろいます!!


7/23日再び追記)
カナダのサノタイル社が開発しイスラエルで実用化されつつある
コロナ点鼻式治療薬の情報です!!
その名は、エノビット!!
特徴は、
①1セット1~2回、一日5~6セット鼻にシュシュッとスプレーするだけで、
②軽症者に使用した結果、15日後にはウィルスはほとんど消滅!!
③変異株にも効果あり!
④処方箋なしでも薬局で買える、値段は$42(4,620円 at\110/$)
⑤濃厚接触者にシュシュッとすれば発症を抑える効果が期待出来る!!

そんな優れものとのことです。
ワクチン接種率の高いイスラエル、それでも感染者は増えています。
対抗策としてこのカナダで開発された点鼻薬の実用化に踏み切ったようですね。

抗体カクテルは、おそらく単価が高いうえ点滴での治療となります。
その点、この点鼻薬なら、お手軽、安い、早いの三拍子!!
イスラエルで効果絶大であれば、他国も追随するでしょう。
日本でも、
塩野義が点鼻スプレー式のワクチンを開発中との情報もあります。

一部の重症化する人を除き、コロナがインフル以下かそれと同等の扱いになる日は近い!
人間はウィルスの変異にやられっぱなしではありません。
必ずや巻き返して克服します。その日は近づいています!!


それぞれの選択
アラプラス糖ダウン、
あれから飲み続けています。まずはモルモットリポートから!

飲み始めてから3日目、手の掌蹠膿疱症が完全に消えました!
掌蹠膿疱症は免疫の異常な反応によるもの。
そしてコロナも重症化は免疫システムの暴走によるものです。

長崎大学が試験管レベルでですが、
5ALAはコロナウィルスをほぼ完全し死滅させたというリポートがあります。
これは本当に予防に効果あり!そう感じています。
あれから混んでいる電車に乗って株主総会へ数回出席、
緊急事態宣言解除で飲み会にも出席(新宿歌舞伎町はまん防無視で遅くまでやってました)しかし、体調はすこぶるいいですね。

さて、もう一つ、ダイエット効果は?
体調がいいものだから、
「オムライス大盛り!大ジョッキおかわり!」
と調子に乗って飲むは、食べるは!
で見事に2キロ体重増・・・・・お調子者は駄目ですねぇ。
またやってしまいました。。。
(私は以前に置き換えダイエットのモニター(会社命令)でプロテインを飲んで、
それではお腹が満たされずに食べてしまい、上司に怒られた経験があります)
反省して少しお酒と食事を控えて元にもどってきましたが・・・
どうも私にはダイエットにチャレンジという選択は・・無理のようでございます。。。

と、前置きが長くなりましたが、今回はその株主総会の記事になります。

IMG_20210628_0003.jpg
(アニコム総会での配布資料から)
コロナ感染者のペットを預かるSTAYアニコムプロジェクト、環境大臣から感謝状をもらったようです。
そしてコロナが追い風でペットブームの恩恵を受けて保険契約数が伸びています。
しかし、通院件数すなわち保険金支払いが増えているようです。
IMG_20210628_0002.jpg
社長さん、
「最近は、獣医さんに若くてかっこいい方が多い!
どうもマダムはホストクラブと勘違いして(?)、ちょっとしたペットの体調の変化でもひたすら通いまくる!」

と、冗談めかして保険金支払いが増えた理由を分析していました・・・・
ならば、
病院通いを減らすには、
「通院の必要があるか否か?」が簡単にわかる冊子(ガイドブック)やWEB上でフロチャートを作っては?
(質問形式の通院の必要性早わかりチャートというやつです)
病院ってペットにとってはかなりの心の負担のはず(希にそうでない子もいるようですが・・・)
会社(株主)の利益のためにも、これは是非実現して欲しい!

質疑応答でこう訴えました。
回答は、今年からの重点施策として取りかかっているとのこと。
簡単なものは既にあるようですが、より理解しやすいものを作るとしているようです。
これは、実現しそうですね。

さらに、ペットの返品の実例とその対応策についても質問してみました。
回答は、ペットの返品はコロナ以前もそれなりにあり、コロナで特に増えていることはない!
そして、里親専用の補償が手厚い保険を用意する、
NOPや保護団体とネットワークを作って対応する、

というものでした。
IMG_20210628_0005.jpg
このチャートにもあるシムネット(昨年アニコムが買収)、
「みんなのブリーダー」の運営会社のようで上手くネットワークを作ってくれれば、
返品などという不幸な目にあった子達への救いの手の一つになるかもしれません。

他にもペットのコロナワクチンはないか?(ロシアではあるらしい)
との質問もありましたが、
回答は、犬猫のコロナは腸の病気と認識しており、すでに既存のワクチンで大丈夫!とのこと。
確かに、人間と動物ではコロナウィルスがターゲットとするACS2受容体は同じではありません。
今のところ心配無用でしょう!が、人->犬(猫)->人を感染する変異株がでてくれば・・・
これはアニコム側も危惧しているようで、
そうなればペット業界はシュリンクしてしまう・・・社長さん、そう言ってました。
IMG_20210628_0008.jpg
腸内フローラの検査件数、伸びてきています。アニコムがどうぶつ健活に力をいれているのがわかります。
もう一つ、アニコムは富士フィルムとの合弁で再生医療の会社をやっていましたが、
これを譲り受けてどうぶつの再生医療に力を入れていくようです。

IMG_20210628_0007.jpg
社長さん曰く、この事業を「アニコムの第二の創生期」としたい!
アニコムの選択、
それは、単なる保険屋(金融屋)ではなく、医療(再生医療)も含めた分野への挑戦なのでしょう!

打てば響く!、
アニコムの総会は意見しがいがあります!!


さて、もう一つ、日本動物高度医療センター。こちらも参加してきました。
「オンライン診療、遠隔地医療、画像診断を充実させて欲しい!」
これ毎年訴えていますが・・・遅々として進みません。まるで亀の歩みのようにゆっくりです
回答は、毎年代わり映えしない。。。。しかも株価は底這いの大低迷!
そこで業を煮やした大株主登場!
「現状で一番問題なのはお前(社長)だ!あんたが辞めれば変わる!!」
それに対して、
「一つの病院を充実したものにするには10年単位での年月がかかる。
私は、辞める覚悟はあるが、どこぞのIT会社のように美辞麗句を並べたて短期で云々よりも
長期で顧客が満足してくれる病院を作りたいのです。」
と涙ながらに訴える社長!


ここにもドラマがありました。
「もうこんな社長に付き合ってはおれん!売りじゃ~!」
大株主の選択としては、それもありでしょう。
この方が売れば株価は暴落必至!
それとも、売るぞ!と他の大株主にプレッシャーをかけて共同で社長退任要求!
それも一つの選択肢。
大株主と会社経営者(社長)、それぞれの選択やいかに?

私としては、この会社、獣医さんがやっている唯一の上場会社です。
総会で獣医さんにもの申す機会は貴重です。
金融屋の社長さんに交代して欲しくはないのですが・・・・
さて、どうなることか??これからも注目していかなければなりません。

選択といえば、コロナワクチンを打つか、打たないか??
それもそれぞれの選択でいいと思っています。
私は、10年近く米系の医薬品会社に勤めた身、
それゆえか友人、知人には色々と聞かれます。
今わかっているリスクとベネフィット、
自分なりに調べて、理解しづらい医学雑誌を読んで・・・
ワクチンを打った(打つ)人には、副作用の軽減策を、
打たない人には知る限りの予防方法を、
(会社に嫌気がさして辞めた私、アドバイス出来るほど立派な人間ではありませんが、それでも)
できる限り正確な根拠のある情報を伝えることにしています。

私自身は、自分の遺伝系、体質その他を総合的にみて
mRNA(フィザー、モデルナ)アデノウィルスベクター(アストラ、ジョンソン&ジョンソン)のワクチンは様子見で
従来型に近いワクチン(塩野義、武田製薬、KMバイオロジクスなど)の完成を待っています。
アラプラス糖ダウンを飲みながら。
それが、現状での私の選択です。