FC2ブログ
お犬様の執事の日記
我が家のお犬様との日々を徒然なるままに・・・
プロフィール

お犬様の執事

Author:お犬様の執事
我が家のお犬様!、

ロン様(チワワ)と
シオン様(Mダックス)に
お仕えしております
執事でございます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

あくせすかうんたぁ

わたくしという存在は、
わたくしという存在は、湧いては消える塵芥(チリアクタ)のようなもの・・・
「貴重なご意見として賜ります。」
大手企業の株主総会でこの言葉を聞くたびに思います。
20数名ほどの参加者で開催される総会。
そこにこそ、意見を響かせる機会がある・・・
そして、
私は参加するのです。

アイペットとアニコムの株主総会へ行って参りました。

1s_EPSON113.jpg
(アイペットの総会での配布資料より)

アイペットは上場後初の総会、にしては、運営が手慣れた感じでございました。
早速、質疑へ。
1)災害時の契約データ等のバックアップを含め、BCP(事業継続)は策定されているか?
2)保険に災害特約(災害にあったペットと飼い主の救済のために)を加えた新商品を考えてほしい!
3)将来、動物医療関係との業務提携の予定はあるか?
この3点を尋ねてみたのでございます。
社長よりの回答は、
1)策定している。データは2か所でバックアップしている。
2)災害対策としては環境省と協力して啓蒙活動を行っています。
保険についてですが、現在、そういった特約はありません。貴重なご意見として賜ります。
(・・・・ここでも、その言葉をきかされるのか!)
3)動物医療は、重要な分野と考えており、将来的には可能性はあります。
との回答でした。
参加者は、実質20数名。
(50名近く会場にはいましたが、さくらと思しき社員20名、役員候補が5名紛れ込んでいます)
私の他には、ペット関係の質問をする株主はなく、
もっぱら役員人事や株価などなど完全な投資家目線でございます。
御一方、
役員人事は、もう少しバランスの取れたものにしたらどうか?
と意見を述べられていました。
将来的には、社内からの若手の登用や他業種からの抜擢も考えているとの回答でしたが、
メンツは、保険屋に金融屋ばかり・・・
ペット保険は商売の道具なのでしょうね。
アニコムよりも距離感が感じられる総会でございました。


そして、アニコム。
1s_EPSON115.jpg
この方が社長さんでございます。(同じく総会配布資料より)
総会の冒頭、10分。
このお方が、ペット保険、ペットへの思い入れを熱く語るのが恒例!
ですが・・・今年はなにやら様子が??
(その理由は、総会後半で判明することになります・・・)

アニコムは、すでに安定期に入ったためか?、
社長がペットへの熱い思いを語り続けているせいか?
質疑もペットに関する意見を述べる株主も。
では、私も!
「昨年、提案させて頂いたペットの災害保険についてですが、
株主として言いっぱなしでは・・・と思い私自身もペット災害危機管理士の勉強をしてきました。」

「災害対応には、自助→共助→公助の三段階があります。周りのペットショップ、獣医師との公助、
自治体との共助にからむ保険はなかなか思いつきませんが、
自助の手助けとして、ペット保険に100円~数百円の特約を追加するかわりに、
避難所など情報の定期的な発進、
そして激甚災害に指定されたらいくらかの見舞金支給。
こんなスキュームはいかがでしょう!


「人は、日々の生活に追われ、普段は避難所の位置も正確には確認しておらず、
同伴避難、同行避難の区別さえままならないのが実情です。
そこへ、定期的な情報発信を届けることは、意味があるはずです。」

「まさにおっしゃる通りです。徐々に進めていきます。」
社長の回答は、こうでしたが・・・
昨年、あれだけ素晴らしい思いつきです、との回答を頂いた割に現実は??
さて、今年はどうでしょうか・・・

今回の社長さんの語。
元気がない、迫力がない。そしてオーラを感じない!
私は、社長さんとのやり取りの中で、
「今年は雰囲気が変った。昨年までのほうがよかった。」
と言ったのですが、
「えっ?、何故そう思うのですか?」
と逆に問い返されました。
「社長さん、元気ないからですよ!」(会場 笑!)

その答えは、別の株主の質問で明らかになりました。

「私という存在が消えることが、今までは一番のリスクでした。
そして、今は、私という存在が、でしゃばり過ぎるのがリスクです。」
「会社の一番のリスクは何か?」
との問いかけへの回答です。

後進の育成、それは重要なことですが、
まだまだ早い気がします。
確かに、今までの総会では、ほとんど社長が回答していましたが、
今回は、他の役員や役員候補が壇上に立つことが多くなっています。

アニコム、
外国人投資家を意識して、英文での月次報告の開示を始めています。
株価も安定してきています。
きっと、これからもペット保険のパイオニアとして成長を続けていくことでしょう。
しかし、
私の頭をよぎるのは、一抹の不安。。。。。
昨年までの雰囲気の方がよかったという理由は、そう”この予感”でございます。
あえて、そうは言いませんでしたが・・・

1s_EPSON117.jpg

中期経営計画より「ペットの再生医療」との関わりの項目が消えました。
富士フィルムとの合弁で再生医療を研究するセルトラスト社、
昨年は、犬のドライアイ、今年は、犬の慢性腸炎への適用などと、
プレスリリースで謳ってはいますが、
何故、ころころと適用する症例を変える??
引き合いにだしては申し訳ないが、
DSファーマアニマヘルス社は、注射一本で犬のヘルニアを治す再生治療薬を
今月14日に販売承認申請するところまでこぎつけているのです。

幹細胞を犬種ごとに培養し、その効果を確認したようですが、
これなどは、一点集中で研究を続けた、まさにその成果でございます。
何故、アニコムはそうしない、いやできないのか??

「幹細胞の培養、治療適用には、どんな子から、どんな方法で培養し、どんな効果が得られるのか?
(それ次第で状態は変わり)一定の効果が得られていません。」
「色々な病状で試すことでできるだけ多くの症例を集めて、場合によっては実診療も行ってはいますが、
薬事申請を目標にしているわけではありません。」
これが私の疑問への回答でした。
(心の声:これでは満足しない。素人と思ってなめるな!
実際に幹細胞の培養を確立し、販売承認申請までこぎつけている会社との差はいったいなんだ!
私達、お犬様とその執事(飼い主)は、効果的がある薬が市場に出回ってこそ、その恩恵が受けられる!
どっちを向いて事業を行っているのだ!!)

そして、

1s_EPSON116.jpg
ESG(環境、社会への貢献、そして法令遵守と企業統治)への取り組みで、
「・・・ペット保険の約款に定める「被保険者」に同性のパートナーも「被保険者」に含む改定を・・」
人間なら解るが、ペットにどんな関係があるのか?
世の中、少数権利の尊重への風潮があり、それは確かに尊重し、差別すべきものではないが、
ペット保険にこの文言は必要か??
世の風潮に安易に迎合して、強調しすぎることが、かえって差別を生む場合もあるのです。
いったい、どのように考えているのか?

私のこの質問には、少し面食らった(予想していなかった?)ようで、
少し壇上で相談した後、人事担当役員の女性が回答してくれました。

「社会的弱者の方に対して、差別するのではなく通常の方と同等のレベルでの扱いをすべきですが、
約款ではそれを強調しすぎるべきではないと考えています。」
だ、そうです。

来年度の株主総会は、対話レベルの総会にしたい、
との社長のお言葉がありましたが、
そうなれば、
わたくしという存在は、塵芥ではなく、
口やかましい厄介者になるやもしれません!!

後を継ぐ者の資質を見誤れば、とんでもないことになります。
大株主の方ばかり向く経営者を選べば、
少数意見は塵芥として無視される、
そうなれば、何がペットへの情熱か??
これが、私が感じる”予感”でございます。

1s2228_160x160_fill.jpg
渋沢 健氏(画像はネットのHPよりお借りしました)
彼の渋沢栄一氏の玄孫の方でございます。
このお方が、新たに取締役に就任されるのでございます。
願わくば、
アニコムをペットへの情熱を失わない方向へ、
ペットと飼い主の方を向く会社へと
お導きくださることを!!



スポンサーサイト
またやって来る!
執事でございます。
今年もまたこの季節がやって参りました。
6月中旬から下旬にかけては、そう、株主総会の時期でございます。

お犬様、そしてお猫様やその他のペットたちが少しでもよい暮らしができるよう、
今年も文句を、いや意見を述べてくるつもりでございます。

rs355.jpg
(2015年1月、ソファを占領してお休みのお二人)
いつも幸せそうな寝顔が見たい、そのために・・・・

株主総会開催は、来週末くらいから本格化するのですが、
それに先立つこと、1ヶ月前、
2月決算企業の総会が開催されました。
私の保有するターゲットは、
1)ペットショップアミーゴの親会社、アレンザ。
2)ペット―フード、ペット王国の主催者、エコトレ―ディング。
3)ご存じイオンペットの親会社、イオン。
でございます。
しかし、この時期の私は・・・・
情けないことに、足の古傷が・・・ビッコをひきながらでは・・
残念ながら、今回は参加を断念せざるを得ませんでした。
しかし、このまま黙っている訳にはいかない!
と、いうことで、今回はメールにて質問状を送付!
以下、その報告でございます。

アレンザ・・・・
一昨年、昨年と総会で訴え続けましたが、
これは何を言っても聞いてくれそうにないので・・・
質問状も送らず。
リックコーポレーション→ダイユーエイトを合併でダイユーリック
→今度は、岐阜県に本社があるホームセンターバローとが合併でアレンザ。
名前だけは、ころころわって、ますます何をやっている会社かわからない!
全国展開するには、図体がでかい方がいいのでしょうが、
(スケールメリットというやつか??)
きっと、眼の届かない所が出てきて・・不祥事が!?
なんてことになるやもしれません。
ペット関連で不祥事がないことを祈りますが、
万一何か起こったら・・・その時は!

次は、エコトレでございます。
ここは、ペットフードの会社ということで、
1)災害用に保存のきくペットフードはないのか?
2)ないなら、今後の商品開発の予定はないのか?

と言う趣旨の質問をしました。
が、いまだ返答無!
5月下旬に送ったのですが、
当日に{然るべき部署、担当者から返答致します。」
との返信があっただけで、
現在にいたるまで音沙汰なしでございます。
「200株しか保有していない弱小株主として甘く見ているのか!?」
この対応は、いけませんね。
同やらここも、応援する価値もない会社のようでございます。

トリは、イオンでございます。
ご記憶の方もいらっしゃると思いますが、
1)ペットホテル預かりで一日にお散歩2回、と言いながら実際はお散歩をせず!
2)トリミングで炭酸水と使った入浴、といいながら実際は使用せず!
この不祥事にターゲットロックオン!
1)経営陣は何故このようなことが起こったと考えているのか?(原因分析)
2)今後の対処方法は?(従業員の研修と言うだけでは不足、もっと具体的に!)

この質問を投げかけたのでございます。
結果は・・・・当日に回答がきたのですが・
1)販促物の表示のチェック体制の不備が原因であるとともに、
会社としての管理不足と従業員へのコンプライアンス教育不足だと考えている
2)店舗で作成した表示物は、リテール、トリミング部門の責任者のチェック後、
再度法務部のチェックを得たうえ掲示する体制をとる、必要なら、イオン(親会社)の法務へも相談する。

これは・・・何?、なんでございますか???
「貴方様の眼は・・節穴でございますか?」
数年前に流行ったドラマの執事のセリフをいってやりたい!!

偽りの表示をしたことにより景品表示法違反で業務改善命令を受けたので、
こういう回答を作成して、
株主総会での想定問答集(FQA)としているのでしょうが・・・
オウム返しのように、
コンプライアンス、コンプライアンスと繰り返せばいい訳ではございません。
ましてや、この回答、
一番大切にすべき、消費者(飼い主)とペット本人の方をむいていない!!
その結果は・・・株価に表れていますよ、社長さん!!
この不祥事が公になってのが確か4月4日くらいでしたか・・・
それ以来、下がる下がる↓
4月1日に2,300円代だったのが、今では1,850円程度まで下落!!
これこそ、まさに、「お犬様の祟り」でございますね!!
とは、冗談ですが、
消費者(飼い主)の方を向いていない、自社の都合のみ考えた報いでしょう。

こんな感じで、
5月は不発でございました。。。。。
さて、これからがいよいよ本番。
突撃する予定の総会は、
日本動物高度医療センター、
アニコム、
アイペット、
その他数社でございます。

質問内容は・・・ここでは書かないでおきます。
私ごときのブログを会社関係者がチェックしているとは思いませんが、
念のため、でございます。
やっと足の古傷も癒え、体調も整って参りました。

1s_1742.jpg

天からみてくださっているロン様、シオン様をはじめ
その他、たくさんのお犬様、お猫様たちに拍手を頂けるよう、
頑張ってくるつもりの執事でございます。


試練は続く・・・
執事でございます。
ここ数日の暑さでへたっております。
5月からこの暑さでは・・・先が思いやられます。
この異常気象は、神が与えたもうた試練!?
今年も試練は続くのでございましょうか??

さて、ここからが本題でございます。

先週、検査を受けてきました。
結果は・・・右頸動脈のプラークは少し小さくなったとはいえ、健在!
この1年間、週4回の運動に、食事療法に薬と頑張ってきましたが、
完全に消すことは叶いませんでした。
しかも、私はその大きさを1.4㍉と記憶していたのですが、
実は、それ、プラークの石灰化した部分の大きさで・・・
カルテの記録は、2.7㍉(石灰化部分1.4㍉)だったのです。
今年の検査では、2.2㍉(石灰化部分1.2㍉)でした。
小さくはなったとはいえ、まだこんなに・・・・
但し、石灰化しているので、かえって自然剥離しにくく、
血管内の剥がれにくい位置にあるので、引き続き経過観察となりました。

不安材料を払拭し、晴れてお犬様を迎える就活を再開する!
目標はかないませんでした。
今年も・・・試練は続く・・ようでございます!

そして、
追い打ちをかけるように、令和になってから上がらない株価。
どうにも、いっこうに良くなる気が致しません。
それどころか・・米中の貿易戦争はさらに激化して、
世界景気減速、からの全世界同時不況へ・・・そして戦禍に巻き込まれ・・・
なんて事にならないように祈るばかりでございます。

「リーマンショック級の出来事がない限り・・・」
それが起こってから、消費増税を延期して、何になるのでしょうか?
起こる前にならねば、意味がない。
さらには、延期ではなく凍結!
いや、そう思っていやっしゃる方も多いのでは(?)と思いますが、
消費税5%へ減税か、いっそのこと思い切って0%へ!
これ位やらないと日本経済は衰退の一途をたどるやもしれません。

「景気は、まだまだ底堅い・・・」
かつてバブル崩壊の途にあったころ、嫌と言うほど聞いたこの文句。
どうして!?
政府・官僚の景気認識は今も昔も、
庶民の感覚とはかけ離れたものなのでございましょうか。。。
かつて、バブル崩壊の只中に「平成の鬼平」と呼ばれ、
金利を上げまくった御仁がいやっしゃいました。
三重野日銀総裁、Mr オーバーキル!
救いは、今は彼のような御仁はおらず、
金融緩和(金余り)状態が続いていることか・・・
(ゼロ金利は、それはそれで問題なのですが・・・)

今、私ができることは、株式による資産運用ではなく、
現金比率を高め、ひたすらチャンスを待つ資産保全!
試練は続く・・・・
こちらもそのようでございます。

なにやら、暗い話題ばかりになってしまいましたが、
今の私にとって救いは・・・・

2015102223440000.jpg

かつて、お散歩で仲良くなったお犬様たちの大多数が今もご健在であることか??

2015092022330000.jpg

ココちゃんも、

2015123102270000.jpg

健太くんも元気一杯のようでございます。

そんな中、
先週は、久々にチョコタンのダックスちゃん(名前は忘れてしまいましたm(__)m)
に会えました。
懐かしくて、思わず屈みこみ、頭を撫でさせて貰おうとした瞬間!
「ゴキッ!」、膝の古傷が・・・思わず、悶絶する程痛かった!
そして、ダックスちゃんにはそっぽを向かれ・・・
弱り目に祟り目、泣きっ面にハチ・・・とはこのことか!?

それでも、シップと超音波、電気治療で3日で回復へ!
もう大丈夫!
と、思って土曜の朝、元気よく飛び起きて家の階段を降りた瞬間!
再度、「痛ッ!」
今度は、昔の肉離れの古傷が・・・・

先週は最悪、そして、試練が続々と、
これでもか!
とやってきた週でございました。

就活を再開すべきか?、ついでに終活もやっておくべきか?

「お犬様を守るために死ねるなら、執事として本望だろう!!」
(空母いぶきの西島秀俊さん演じる秋津艦長のセリフをまねて)
そう思いながら、
就活を再開すべきか迷う執事でございます。
どうせ、試練は続くなら。。。。。


時代を越えて!
執事でございます。

1s_DSC_0101.jpg

豊橋市にある愛知大学記念館。
帰省の際に寄り道していって参りました。
1908年、日本陸軍第15師団司令部庁舎として建てられたこの建物。
いくつもの時代を越えて、健在でございます。
入口を入ると、2階へと続く階段。

1s_DSC_0143.jpg

1s_DSC_0150.jpg
1s_DSC_0148.jpg
保存状態は極めてよいようです。

1s_DSC_0149.jpg
旧司令長官室。

1s_DSC_0145.jpg
執務を行っていた机もそのままに・・・
一見の価値はありました。

しかし、私がここを訪れた目的は、このお方ゆかりの展示を見るため。

1s_DSC_0144.jpg
本間喜一(ほんまきいち)先生。
初代最高裁事務総長にして、愛知大学の実質の創始者でございます。

そして、このお方のご令息、
本間忠彦(ほんまただひこ)先生。弁護士にして大学教授。
この本間忠彦先生こそ、私の大学時代のゼミの先生でございます。

記念館一階の一部屋、10畳ほどの一室にそれはありました。

1s_DSC_0146.jpg

書面には内閣総理大臣、吉田茂の文字が見えます。
他にも部屋には、喜一先生ゆかりの品々の数々が。
1920年代後半か30年前後に、上海からのご家族への手紙には、
「さくじつ テロでたくさんのへいたいさんがなくなった・・」
当時、幼少の忠彦先生にひらがなであてられた手紙。
この当時から「テロ」と言う言葉はあったのですね。。。。

1s_DSC_0125.jpg

これは、若き日の喜一先生(1923年頃)とご家族。
この赤ちゃんが忠彦先生でございます。
大学の恩師のこんな写真が見られるとは・・・・
いくつもの時代を越えて・・・
恩讐の彼方に、いや恨みはございませんので、
(当て字をするなら)恩修の彼方の時代を私は生きているのですね。

もう一つ、印象に残ったのは、この記載。

1s_DSC_0127.jpg

晩年、喜一先生の心のよりどころとなったお犬様!
その優しくもたくましい姿がそこにありました。

ところで、
私が大学時代に教えを受けた忠彦先生。
当時、60代半ばのご年齢でしたが、
二十歳そこそこの学生相手に朝まで飲み明かすことしばしば。
なんともタフなお方でございました。
それもそのはず、
実は特攻隊の生き残りとのことです。
そして、終戦の日、玉音放送の数時間目に出撃し、
千葉上空で敵機を1機撃ち落とすも、自らも被弾、パラシュートで脱失して
九死に一生を得たお方だとか。。。。
(後に知ったのですが、その話は、「8月15日の空」という文庫本に
本間中尉最後の空中戦として載せられてようです)

学生時代、酔っぱらわれた時には、時々当時のお話をされていましたが、
こちらもヘロヘロ・・・・・情けないかな・・良く覚えていない。。
もっとまじめに色々な体験談を聞いておけばよかったと、
今では後悔しきりでございます。
そのお話は、時代を越えて語り継がねばならないものであったはずですから。

日本が戦禍にまみれた時代、
本間先生のような若者が特攻でたくさん散って行きました。
彼らの多くが生きていてくれたなら、
(学徒出陣、そしてその学生たちを特攻させるなど愚かな作戦がなければ)
この国はもっと違っていたかもしれません。
ただ、これだけには私は、断固として異を唱えます。
「特攻=今で言うならテロ、特攻隊員=テロリスト」と言う輩には。
実際にその生き残りの方に教えを受けたものとして。

そんなお話を記念館の館長さんともしました。
私が、喜一先生のご令息の教え子の一人であることを話すと、
お願いしてもいないのに館内を案内してくださり、
事務室でお茶をご馳走してくださり、
サイン入りの自署まで贈呈してくださり・・・
もう大歓迎でございました。

訪問の際に、新幹線の乗車券を失くし、数本乗り過ごし、
雨に降られ、
また豊橋からの出発も遅れてしまったこと・・・
そんなドジもこれで帳消しでございます。
そんなドタバタの道中の末、
帰省した私を迎えてくれたのは、

1s_DSC_0153.jpg

まだ散らずに残っていた実家にある桜でございます。
実家を立つ日には、その花びらはすっかり散ってしまっていたのですが。
この桜も時代を越えて、
私達を見守ってくれていたのでございます。

今日から令和という時代の始まり、
昨夜カウントダウンという言い訳で飲み過ぎて・・
さっきまでダウンしていた私。
早々に躓いている感が大ですが、
そんな私も昭和、平成と時代を越えて生きてこられました。
新しい時代も私なりに懸命に生きていきましょう!




そこにあるものは、希望!?、絶望!?
執事でございます。

1s_DSC_0099.jpg

近所の小学校近くの桜、まだ綺麗に咲いております。
(昨日撮影)
ここはかつての散歩道。

s360.jpg
2014年4月8日

s361.jpg
桜f吹雪の中、
時々お顔をこすり付けながら、桜吹雪の中お散歩のシオン様。

1s_DSC_0097.jpg

こちらは、1週間前の同じ場所の桜。
今年の桜は・・・・美しく、儚く、そしていつもより少し長く・・:
去りゆく平成の名残りを惜しむかのようでございます。

平成から、令和へ。
日本を取り巻く環境は、それほど楽観視できるものでは無いような・・・
北朝鮮は、また近々ミサイル発射の準備をしているとか?
今度発射すれば、米軍が空爆?
いっこうに決着する見通しのないブレクジットと米中貿易戦争。
加えて、
消費増税に郵政株の追加売り出し。
(郵政株は、復興財源に充てるとか。それは当然そうすべきですが、
ちゃんと被災地へ届いているのか!?)

日本株は割安だ!、米中の株式と比較して割負けしている。。。
などとお気楽な事を言っている解説者。
こやつらは、昨年末日経25,000円などと、ぬかしていた輩でございます。
私には、年後半に株暴落で消費抑制、
日本はまた不況の入口へ逆戻り・・・・
絶望の予感が頭をよぎります。
そんな中、経済専門チャンネルで一人の解説者の言葉が耳に残っています。

「大正から昭和、昭和から平成、
いずれも天皇陛下崩御により自粛ムードがありました。
それに比べて今回、令和へはどちらかというと祝賀ムード。
若い人の賃金も上昇傾向にあるようですし、
令和へと時代が変わるタイミングで結婚する人が増え、
出生率があがり、少子化を脱するきっかけになるのでは!?」

なるほど・・・それは確かに・・・・あり得るかも?
そうなれば、消費増税に耐え、再び日本経済は上昇基調へ、
私達の暮らしも良くなるきっかけになり得るかもしれません。

今生陛下のご譲位のご決断、
それが、まさにこの展開を見越してのご英断だったのなら・・・
(私は、普段はあまり意識はしていませんでしたが、)
やはり、どの政治家よりも
陛下こそが日本国民の事を心に留めて下さっているのでございましょう。

平成から令和へと遷りゆく今、
そこにあるものは、未来への希望であることを願うばかりでございます。

ところで、
私は変わりますが、
3月の健診結果に気を良くして最終関門へと邁進する私。
実は、ちょっと困った事態に陥っております。
と、いうのは体重増・・・・
健診結果に安堵したせいなのか、はたまた
一向に成果が上がらない株式運用低迷のストレスか?
食欲増進で・・・リバウンドでしています。。。。。

ここは、また一念発起!
きっかけになればと、体組成計とやらを購入して、
さっそく乗ってみました。
結果は・・・・
そこにあるものは、・・まさに絶望の数値でございます。
体脂肪率、内臓脂肪は言うまでもなく、
体内年齢が・・・69??、
数値が多少改善を示している日がありますが、
それでも実年齢より8~10歳以上上??

これは・・・もうショックの極みでございます。
こんな時は・・・・自虐ネタで(久々に)、
そう、
”帰って来たウルトラマン”の替え歌で、
”帰って来た劇太り!!”

♪1 君にも~でき~る、マ~イナス 5キロ~!
お米~食べ~ない、家族で一人~、

糖質管理に、使命をかけて~
目標数値に~あと、わずか~

明日の(自分への)ご褒美 糧にして~、
頑張ってるぞぉ~、頑張ってるぞぉ~、ダ~イエ~ット!!♪

♪2 日頃の~ストレス、最大の~敵!
遠~く はな~れる~、目標体重~、

ストレス対策、おろそかにして~
食事 制限~、逆効果~、

無限に食欲、増~進し~、
帰って来たぞぉ~、帰ってきたぞぉ~、激~太りぃ~!!♪

ユーチューブをバックに歌っております!!

「体組成計??、
足の裏だけで正確にはわかりませんよ。
そんなの、気にしなくていいですよ!」
主治医のこの言葉が、
今の私には、今そこにある希望と慰めでございました。




もう少し、あと少し・・・
執事でございます。

1s_DSC_0096.jpg

靖国神社へと続く道。
27日夕刻、私はこの道を歩いておりました。

1s_DSC_0088.jpg

この日、靖国の桜は満開とのことで、

1s_DSC_0093.jpg

今を盛りと咲き誇る・・・まではもう少し?・・・でございますね。

1s_DSC_0091.jpg

靖国はこの日も静かに、厳かに私達を見守っているかのようでございます。
我が家のご先祖様の一人は沖縄戦で戦死。
この日、経過報告とお礼を申し上げるため、
お花見のかたわら、詣でた次第でございます。

27日、血液検査の結果を聞くとともに、
追加で健診を受けて参りました。
胃腸を除く首から下の検査、普通の健診よりは、もう少し詳しい検査でございます。
結果は・・・全て異常なし!しかも血液検査の数値も改善しておりました。
週に4日は夕食に魚を、そして野菜は毎食、
さらに週4日平均でスポーツクラブへ通い、
プールでのウォーキング1時間+水泳。
これをひたすら繰り返した数ヶ月、
咳喘息で何もできなかった期間はありましたが、
やっと効果が出てきたようでございます。

「もう少し頑張りましょう。お犬様が守ってくれてますよ!」
主治医の先生の言葉でございます。
頸動脈の検査まであと少し・・・・
4月下旬か、予約が取れなければ連休明けか、
それまであと少しでございます。

もう少し・・・・その意味は、
実は私、無類のお米好き。
それは、10年位前のお正月のことでございました。
お正月は、自炊生活。
お米を炊いてカレーを作ったのでございますが、
うまい、うまい!と食べ始めたら・・・
1時間位少しずつ食べ続け・・・・
気が付いたら3合食べてしまっておりました。

r29.jpg

こいつっ、まだ食っているのか!!
私の足元でこの表情のロン様と、

s27.jpg

シオン様・・・挙句の果てに、

s29.jpg

玄関で寝てしまいました。。。。

「食べ過ぎを通り越して呆れます・・・」
またまた主治医の先生のお言葉。
この話をして以来、私に下った命は、
「お米を控えなさい!!」
でございます。。。。

私が抱える爆弾、右頸動脈のプラーク・・・
こやつを消すまでは・・・
もう少し、お米を控えて、定期的に運動を続け、
しっかり薬を飲んで我慢と精進を続けるつもりでございます。

平成の夜が終わるまで、あと少し、
新しい元号の時代が大災害も戦乱もない時代でありますように!

1s_DSC_0094.jpg

そう祈りつつ、靖国を後にした執事でございます。



桜が満開になる前に
執事でございます。
今日、17日はロン様の誕生日、ご存命ならば16歳のはずでございます。

r129.jpg

何ともいえないポーズでございますね。

r135.jpg

と思ったら、私の足元にきてお散歩の催促を!
そして、

r98.jpg

待ちくたびれたのか?
玄関で寝てしまったロン様。
思い出します。。。。。

そんな思い出とともに、

1s_DSC_0082.jpg

よくお散歩した「将軍池公園」をぶらぶらとして参りました。
(この公園、自称”将軍様”が大正時代にお作りになったようで、
将軍池公園と呼ばれています。
自称・・・・ちょっと飛んでいた方のようでございますが。)

河津桜が綺麗に公園を彩っています。

1s_DSC_0081.jpg

満開を通り越して、葉桜でございますね。。。。

1s_DSC_0083.jpg

夜は、街頭にライトアップされ、それなりに風情がございます。

そろそろ、お犬様(ご主人様)を探す執事の就活を再開!
といきたいのですが、
その前に超えるべき関門がございます。

昨年の検査で偶然見つかった、右頸動脈の1.4㍉のフラーク。。。
こやつが剥がれれば、血栓ができてしまい、
就活ならぬ終活!?
いや、場合によってはそれさえもできぬ間に・・・・・
それは最悪なので、
あれ以来、治療に専念して参りました。
(と言っても咳喘息になったりで・・・多少さぼっていますが。)
そして、再検査を受ける時がやってきたのでございます。

まずは、血液検査から・・・と思い、
先週は、準備をしていたのでございます。
が、当日、
起きがけにコーヒーをがぶがぶと飲み・・・
二杯目を飲んだところで気が付きました。。。。。
なんというドジなことを・・・せっかく前日は早めに夕食を済ませ、
その後に飲食を控えていたのですが、
起きた時にはすっかり記憶が飛んでしまったか?
無類のコーヒー好きの私は、
寝覚めのコーヒーに思わず手が・・・・
せっかくの前日の我慢が水の泡になってしまいました。

今週こそ、血液検査、そしてその後の検査の相談にいって参ります。
プラークは小さくなったが、他の病気が見つかり・・・
なんてことにならなければいいのですが。

またまた夢の話で恐縮ですが、
数日前のことでございます。

私は、実家のリビングでパソコンを見ていたところ、
隣のかつての父と母の寝室に誰がが座っているではありませんか。
「おい、こっちへ来るか?、いやまだまだ早いか。。。」
そうつぶやいたのは、
まぎれもなく亡くなったはずの父でした。

きっと私は大丈夫でしょう。
いや、大丈夫でなければいけません。

1s_DSC_0080.jpg
近所の桜は、まだ、つぼみ。。。
満開まではまだ少し時間が必要なようでございます。

桜が満開になる前に、
健康であることを確認でき、
就活を再開できる自信がもてるように・・・
ロン様の誕生日に、
お散歩コースをたどりながら、
そう願う執事でございます。



記憶の扉
執事でございます。

1s_DSC_0039.jpg

三度倉敷に行って参りました。
今回は、幼稚園から中学まで一緒だった旧友と会うための訪問でございます。
20数年ぶりの再会、
昔の面影を残す旧友の姿は・・・
お互いにすっかり歳を取ってしまった感がありますが、
過去の記憶の扉を開ける鍵となったのでしょう。
色々と昔を思い出しました。

幼稚園、小学校と一緒に野ッパラを駆け回って遊んでいたこと、
帰省した時は、喫茶店でひたすら長居して話し込んでいたこと、
結婚式で頼まれて、ハウンドドッグのff(フォルテシモ)を唄ったこと、
♪愛~が、す~べてさぁ~、今~こそ誓うよぉ~♪
(注:替え歌はやってません。。。さすがに。。)

1s_DSC_0040.jpg
そして、
倉敷美観地区の街並みは、相変わらず美しかった。
観光客も徐々に戻ってきているとのことで、一安心でございます。

旧友との再会に刺激されたか・・・それとも血迷ったか??
今回は、大原美術館で(私には不似合な?)絵画等の観賞も・・・

1s_EPSON099.jpg
「受胎告知」(左)と青のビーナス。
4つの福音書、マルコ、マタイ、ルカ、ヨハネの1つ、
ルカに書かれている、
「天使ガブリエルが聖母マリアにキリストの受胎を告げ、
マリアが主イエスの母となることを受け入れた」ことを示す絵画。
色々な芸術家が書いている絵だそうですが、
これは・・・誰の絵だったか・・

1s_EPSON100.jpg
モナリザはあまりに有名ですが、左はミレーの絵だそうです。
ミレーと言えば、「落穂拾い」しか思いつかない・・

大原美術館は、思いの他広くて、
ゆっくりみて回る時間がありませんでしたが、
過去の記憶の扉をノックしてくれました。

1s_DSC_0032.jpg
分館の前に佇む彫刻、ロダンの「歩く人」、
近くで見ると迫力あります。。。

他にも、皿や陶器を集めた展示もあり・・・・
「実家にも皿ならいっぱいある。。。掘り出し物はないだろうか??」
(高く売れる物があれば・・・←どうにも下世話な考えが浮かびます。。。)

そして、美観地区と言えば、
外せないのが、豆柴カフェとヒョウ猫の森。
(ハリネズミさん、フクロウさんは時間がなくて・・・)

1s_DSC_0064.jpg
カフェの扉を開けるなり、豆柴さん」たちの大歓迎にあい、

1s_DSC_0059.jpg
やはり、お犬様は癒されますね。。。。

1s_DSC_0058.jpg

片隅には、昭和の香り漂うこの空間、

1s_DSC_0047.jpg

百恵ちゃんの「赤い疑惑」上映中でございます。
BGMも百恵ちゃん。。。。
そうそう、こんなTVに扇風機、
そして当時のお犬様の名前は、クロ(マルチーズと何かのミックス)・・・
「百恵ちゃん・・何もかも皆・・・懐かしい・・・・」

最後は・・・お猫様!!

1s_DSC_0067.jpg
ボス猫、レオ様、

1s_DSC_0065.jpg
膝の上に乗って癒してくれたあずみ様、
再会でございます。
が、お二人とも無反応・・・無視。。。。
どうらや、私には彼らの記憶の扉は開けられなかったようで・・・
諦めかけたその時、

1s_DSC_0070.jpg
このお猫様が膝の上に!
(スタッフさんに名前を尋ねると)

1s_DSC_0072.jpg

お名前は、ヤマト様!!
そして、このお方は!?
1s_DSC_0075.jpg

キーマン・・・えっ、クラウス=キーマン!?
まるで、「ヤマト 2202」では??
・・・・
聞き違いでございました。
1s_DSC_0073.jpg
キームン様でございました。。。。

あずみ様には忘れられていたようですが、
新たなるお猫様の温もりを感じながら、
ここでも、つかぬ間の癒しの時間でございました。

今ではなかなか思い出すことのない昔の記憶、
旧友との再会、そして、つきない会話・・・
それは、私の記憶の扉をこじ開けてくれたようでございます。
おかげで、
鮮明にいろいろな事を思い出しました。
懐かしい記憶と新しい思い出とともに、
倉敷を後にした執事でございます。