お犬様の執事の日記
我が家のお犬様との日々を徒然なるままに・・・
プロフィール

お犬様の執事

Author:お犬様の執事
我が家のお犬様!、

ロン様(チワワ)と
シオン様(Mダックス)に
お仕えしております
執事でございます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

あくせすかうんたぁ

彼岸に・・・
今年の彼岸の入りは、3月17日。
奇しくもこの日はロン様の誕生日でございました。
ご存命ならば、13歳・・・
そして、本日、21日は月命日でございます。

おはぎの代わりに、ロン様の好物だった卵パンをお供えして、
冥福を祈る執事でございます。

ロン様、
やはり・・・今も目に浮かびます。

r56.jpg

お散歩に行くぞ!、と訴えて、

r66.jpg

(雨で)行けないとわかるとこの表情。
感情表現豊かなお犬様でございました。

そして、さらに努力家で運動神経抜群!

2016032116200000.jpg

二階に向かって飛び上がろうとしているところでございます。
お犬様の目線で見れば、

2016032115400000.jpg

きっと、こう見えるのでございましょうね。
かなり急で。。。しかも(小型犬には)一段一段がかなり高い・・・

ロン様、これを自由に昇り降りできたのでございます。

暫く前、不思議なことに時々階段に茶色の毛が落ちているのを見つけました。
服にでもロン様の毛がついていたのかと思っていた私。

或る休日に昼寝をしていると、
ワン!、という声とともに二階にロン様が飛び込んできました!

今、思えば、あの毛が落ちていたのは・・・
ロン様・・・階段をあがる練習をしていたのですね。

そして、
今でもはっきりと思い出すのは・・・・
と或る火曜日の朝でございました。
頬に何か生暖かいものが・・・

気が付くと、
r186.jpg
ロン様がすぐ横に・・・・
そして時間はすでに午前10時!!

どうやら起きてこない私を心配して(?)、
様子をみにあの階段を上がってきたようでございます。
そして、
r35.jpg

r34.jpg

私が起きると、
一人で降りていくのでございます。
(動画を取ってなくて本当に残念・・・・)

何時も土日は、朝寝坊の私。
もちろん、平日は早く起きてお散歩してから仕事!
ロン様、
土日には、起こしに来たことは一度もないのに・・・
もしかして曜日を認識されていたのでしょうか!?

対照的に、
このお方は、いつもこの通りでございました。

r46.jpg


先週、やることなすこと上手くいかず、失敗ばかり・・・
何だか気分が晴れず、半ばやけくそ気味の私。
しかし、
やけになってはいけない、努力を怠ってはいけない。
ロン様のこのエピソードが私にそれを思い出させてくれました。
何度も急な階段を上がる練習をして、ついに成し遂げたロン様。
その練習は、いざという時のため!!
執事としてお犬様にお仕えしておりましたが、
教えられることのほうが多かった気がします。

ところで、今は、彼岸の真っ最中。
この時期は、あの世とこの世がつながりやすい時期と言われています。

暫くお姿がみえないお二人。
昨夜、帰ってきてくれました。
はっきりとお二人の姿が見えたのでございます。

2016032115410000.jpg

思わず携帯を手に取りました。
中央、やや上にお二人のお顔がオーラとなって浮かんでいます。
(私にしか見えないかもしれませんが)

そして、お二人は移動。
2016032115410001.jpg

PCに向かう私の後ろから、
見ているお二人の姿が見えました。
でも、お二人の他にも・・・・
時々誰か居る様な・・・気配をかんじるのですが・・・
まあ、お二人が見えれば、
今はそれだけでいいのでございます。
彼岸には、ここ数日は・・・
まさに、お犬様(霊犬に仕える)執事に戻った私でございます。




スポンサーサイト
追悼の日に・・・
五年前の今日、いまでもはっきり覚えています。
東日本大震災。
あの未曾有の大災害で、亡くなった方々のご冥福を、
未だ以前の生活を取り戻せていない中で頑張っている方々の真の復興を
心よりお祈りいたします。

あの日、まさにあの瞬間、私は新宿の高層ビル街の一室で会議中でした。
トスン!、と下から突き上げられる感触を感じた後は凄まじい揺れが・・
窓からは隣の高層ビルがしなっているのが見えます。。。。
今でもはっきりと思い出す、その瞬間でした。

その後、なんとか未明に帰宅すると、
中からお二人が飛び出して迎えてくれました。
無事で何より、やっと安心した私でございます。


それから暫くして、今の家に引っ越したのですが、
シオン様が奇妙な行動をするように・・・・

s26.jpg

何故かすっとカラーボックスに入っているのです。
s28.jpg

呼ぶとこのように反応するのですが・・・・
s67.jpg

時には、
s27.jpg

全く動こうとされません。。。。
そして、その翌日のことでございました。
突然の揺れが・・・・
東日本大震災の余震、東京23区も結構揺れました。

その後もシオン様は何度かカラーボックスに・・・
そして翌日か翌々日には揺れが・・・・
そう、これこそシオン様の地震予知行動だっとのでございます。
あの大震災の日の揺れがよほど怖かったのか、
はたまた私に事前に知らせるためか、
大震災から暫くしてこのような行動をするように。。。

有感地震のないこともありましたが、
シオン様がこの行動をするときには、ネットで調べると
小規模な地震も多く、かなりの確率で当たっていました。
友人・知人にも、凄い!っと褒められ、
予知行動をしたら連絡して、と頼まれるほどに!
しかし、
その後は・・・ロン様のお蔭で、
とんでもないことになるのでございます。

r52.jpg

「あいつ、何やってんだ!?」
と、最初は呆れた表情でシオン様をみていたロン様。
「凄い!、予知ができるお犬様!、凄い!」
と褒められまくるシオン様を見るうちに、

r33.jpg

ロン様までカラーボックスに入ってしまうように・・・・
そして、
お二人で争うように入りまくるように・・・・
もう・・・どれが本当の予知行動か全くわからないようになってしまいました。。。

しかたなく、暫くカラーボックスに物を入れて閉鎖、
すると今度は、

s586.jpg

横にあるテーブルの下(古新聞を置いていたのですが)を蹴散らして、
入っているシオン様。
これで、また地震予知ができる。
万が一の時は皆に知らせることができる。
と思っていると、

rs255.jpg

やっぱりこうなったのでございます。。。。。
こうなってしまっては・・・・・
私のほうがすっかり混乱してしまいました。。。

しかし、
確かに地震予知ができたシオン様、
どうか見守っていてください。
そして、
貴方の大好きな人々が助かるように大地震の予知をお願いします。

3.11
追悼の日に思い出したエピソードでございます。
ロン様、シオン様、
そして震災で亡くなったお犬様、お猫様、
皆さんどうか安らかにオヤスミください。