お犬様の執事の日記
我が家のお犬様との日々を徒然なるままに・・・
プロフィール

お犬様の執事

Author:お犬様の執事
我が家のお犬様!、

ロン様(チワワ)と
シオン様(Mダックス)に
お仕えしております
執事でございます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

あくせすかうんたぁ

かつての教え
はじめに、
熊本・大分の震災で被災された方々へのお見舞いと
一日も早い復興をお祈り致します。
また不幸にして亡くなられた方々のご冥福をお祈り致します。
もちろん、ともに被災されたお犬様、お猫様たちも含めて。

ニュースで報じられる信じがたい光景・・・・
思えば、このような光景を最初に目にしたのは、
あの阪神淡路大震災の時でした。
神戸は、母方の実家があり、家も全壊で被害甚大・・・
幸いにして身内に亡くなった人はいなかったのですが・・・
あの時の記憶が蘇ります。

当時の私は、やたら仕事が忙しく、助けに行きたくても行けない。
しかし、何かできることはないのか・・・・他ならぬ身内も被災しているのに・・・
悩んでいた私に答えをくれたのは、父のこの言葉でした。

「(ボランティアなどで行きたくても)行けないなら、
今やっていることを今まで以上に一生懸命にやりなさい。
まっとうなことをやっている限り、
それは、必ず巡り巡って人の役に立つ。
そして、必ず届けてくれる団体を選んで
例え少しでも義援金を送るのだ。」
と、・・・・そしてこうも続けました。

「信じることだ。地元の人たちの力を・・・
この国を焼け野原から立て直した日本人の底力を!」

ずいぶんと救われた気がしました。

東日本大震災の記憶も新しいうちに、今回の地震・・・
熊本には友人の実家があります。
今回こそ、力になれれば・・・と思っていますが、
情けないことに、膝関節痛と坐骨神経痛がまだ完治しません。
このまま(ボランティアにでも)行ったら、
かえってお荷物になってしまうでしょう。

正直、ちょっとこの症状を舐めていました。
こんなに大変だとは・・・・
夜になると、膝あたりがチクチク・ひりひりと痛み眠れないのです。
お蔭様で今週末あたりから、やっと回復に向かっているようですが、
まだまだ不安が・・・・
(前回の記事に鍵コメを頂いた方々、ありがとうございました。
遅くなりましたが、この場を借りてお礼を申し上げたいと思います。)


rs359.jpg

大好きなおじさんと写した最後の写真です。
今は姿は見えませんが、きっと虹の橋から
こんな風にお二人並んで下界を見ているのかもしれません。

お二人には、今の私はどう映っていますか?
なんとも情けなく思っているかもしれませんね・・・
一日も早く、新しいご主人(お犬様)をお迎えすることが、
今の私にできることだ、と言っているのかも!?
思えば11年間、ほとんど毎日お散歩をしていたお蔭で
健康でいられたのかも知れません。

rs248.jpg

お散歩を催促するように玄関で並んでいるお二人。
今も思い出します。

とりあえず、体調を整えて再び執事の就活を始めます。
その前にシオン様の一周忌がありますが。

そして、
少しずつ義援金も送り始めました。
一日も早い復興を願って!




スポンサーサイト
虹の橋からの警告
ワン、ワン、・・・・ワォォ~ン!!
3月期末も押し迫ったある夜、
その声を聞き、飛び起きました。
忘れもしないその声は、

ロン様と
r171.jpg

シオン様。
s210.jpg

急いでリビングに行き、電気をつけたのですが、
今回は姿はどこにも見えません。
夢だったのでございましょう、きっと・・・・
そう自分で納得し、日々を過ごしていた私。
それは、突然やってきたのでございます。

4月6日夕刻、
駅へ向かう私は、右膝に激しい痛みを感じ立ち止まりました。
さらに、少し歩こうとすると今度は、
右ふくらはぎに肉離れを経験したときのような痛みが・・・・・
突然、まったく歩けなくなってしまったのでございます。

暫くして、少しずつ歩けるようになり、
右足を引きずりながら、近くの接骨院へ(病院はすでに閉院時間過ぎ・・・)
マッサージと電気治療を受けて、少しだけ、ふくらはぎは回復、
しかし、接骨院の治療では限界があるようで膝の痛みは一向にひきません。
その夜は、まるで右足が自分の足でないような感覚で・・・なかなか寝付けず、
翌朝は寝坊して朝のゴミ出しに間に合わず、
さらにその翌日は、朝、自転車がいきなりパンクして・・・
もう最悪でございます。

もしかしたら、暫く前のあのロン様のお声は警告!?
右膝の違和感は、少し前から感じていましたし・・
「これは、いかん!!」
と、病院嫌いになってしまった私も重い腰をあげて、
整形外科の門をたたいたのでございます。
結果は・・・
膝関節を痛めていることと腰からくる右足の末梢神経障害の疑い・・・
そして坐骨神経通も・・・
今は、痛みも軽減して歩けるようになりましたが、
「このままほっといたら右膝は手術だよ。下手したら歩けなくなるかも!?」
医者に脅されました・・・・・

どうやら、あの声は聞き間違いや夢などではなく、
本当にロン様からの警告だったのでございましょう。
また救われたようでございますね。
そして、もう少し早く医者に行っていれば、こんなに痛い思いは・・・・

会思えば、ロン様は私の体を気遣ってくれていたのでございます。
数年前に一度、高熱をだし寝込んでしまった私。
喉が渇いて何だか意識朦朧としていたのですが・・・
枕元のすぐそばで寝ていたロン様がすくっと立ち上がり、
水を飲みに行ったのかと思ったら、
帰ってきて私の口元と額に水を・・・
(その水は、ばい菌だらけかもしれませんが)
ロン様のこの行動に感心・感動したものでございます。

そして、
もう一つの声は・・・絶対にシオン様。。。。
シオン様からの警告と言えば・・・・やはりかもしれません。
果たして、4月1日より下げ、下げ下げで・・・
こちらも最悪で特に私の持ち株が下がる下がる。。。
s_DSC_0351.jpg
1週間前は桜で満開だったこの公園のように・・・・
全て散花してしまいました。。。。。
3月末まではいい調子だったはずなのに、
たった数日の営業日で時価総額は百万円以上減・・・・
本当に踏んだり蹴ったりの一週間でございます。

きっと、シオン様は、
「株危ないよう~!3月末で売れるものは売れ~!」
って言っていたのかも??

嗚呼、犬語が理解できれば・・・
痛切にそう感じた私でございました。



追記)
散ってしまった桜、
でも、その近くには、
s_DSC_0353.jpg
s_DSC_0354.jpg
まだ少し残っていました。

さらに近所を探すと、
s_DSC_0350.jpg
遅咲きの桜か・・・まだまだ綺麗に咲いています。
この桜のようにまだ希望はありますね。
株式市場、本日は大幅反発でした。
これから戻りに入るでしょう。
今回の下落は、円高もさることながら、
日本の機関投資家たちの年度初めのポジション調整に
(債権の含み益で株の含み損を相殺売り)
外人の空売りがプラスされたことがさらに下げを加速させた、
私は、そう考えています。

ユダヤ金融資本やアラブの王子様・・その他外国人投資家・・
日本の市場は彼らが牛耳っています。
かつてのバブル崩壊もアベノミクスの上昇も彼ら次第。
所詮は外人頼み、悪く言えば彼らのおもちゃ!
そして、
今年は、後半には阿鼻叫喚の暴落局面が待っている。
そんな気がしてなりません。

神様、仏様、そしてなんといってもシオン様
今度は、そのお声、聞き分けますので、
どうか再びご啓示を!!
そう祈る私でございます。


桜咲き、そして散るたびに・・・
執事でございます。
私めは、3月期末の処理でバタバタと忙しい日々を過ごしておりました。
気が付けば、桜も満開!
s_DSC_0336.jpg
いつかの散歩道にも綺麗に咲いております。

s_DSC_0337.jpg
トリさんもダッシュで(?)、
2羽が駆け寄ってきて、
s_DSC_0338.jpg
桜の木のたもとでポーズを決めてくれました。

期末の処理も一息ついた本日、
これまた久々に行って参りました。
近くにある蘆花(ろか)公園。

s_DSC_0349.jpg
明治・大正期の小説家徳富蘆花の没後、夫人が都に寄与した後に整備された公園でございます。
写真は、徳富蘆花記念館。在りし日の蘆花が過した住居が保存されております。
少し話はそれますが、徳富蘆花本人か兄弟かは忘れましたが、
昭和天皇のゴーストライターを務めていたとか・・・・

この公園にはドッグランもあり、
s_DSC_0348.jpg
そして本日は、桜も満開!!
s_DSC_0341.jpg

家族ずれ、お犬様ずれで、
s_DSC_0346.jpg
皆さん、お花見を満喫しているようでございます。
s_DSC_0344.jpg
今年は、露店も出て賑やかでございますね。

思えば、この公園は、うってつけのお散歩コースでございました。
s739.jpg
クンクンと臭いを嗅ぎ、
s744.jpg
偶然会った大好きなおじさんとベンチで一休み。

s754.jpg
帰って亡きロン様に報告し、
s753.jpg
ソファで満足げに寛ぐシオン様。

ロン様を亡くした私にとって、このシオン様が心の支えでございました。
そう、この時の私は、
これから訪れるさらなる悪夢を想像だにできなかったのでございます。

桜、それは私達日本人にとって印象深い花。
咲く時のピンクの花びらの美しさ、はらはらと散る花びら、
にもまして、全ての花が散りゆく時の桜吹雪、
すべて詩にも謳われる美しい光景でございます。
桜の季節が来るたびに、
今年も、そしてこれからも思い出すのでございます。
共に生きようとした、私を支えてくれようとしたシオン様を・・・

話は、全く変わりますが、
新年度初日早々に株式市場が暴落してしまいました。
私の予測では、もう少し安定的に・・・
そう・・・4月半ばくらいまでは、上げていくはずでございました。
そして、その後は暴落・・・
またしても予想は外れてしまったのでございましょうか!?
まだ何とも言えないのですが、
日経平均のドンズマリをしり目に快調にあげてきたマザーズ市場、
かなりの銘柄が大幅安してしまいました。
人気株が暴落するとき、それが株価大暴落のサイン!
これが私の経験則でございます。
1日の市場を見ると、
そうとも言えるし、そうとも断定できないし・・・・
明日以降を見なければ、何とも言えない状況でございます。

私の投資方針は、
短期トレード(人気株につく飛び乗りと飛び降り)、
その会社の将来性を買う中期保有、
祖父の代から譲り受けた株(ずっと持っているつもり)の長期保有、
これらのポートフォリオの組み立てと、
最後は、極めつけの
神(シオン様)頼み!!
でございます。

今の私は、その神の助言が得られない状況・・・・
時々現れるシオン様ですが、
さすがに投資の助言までは・・・・

ひらひらと散る桜(散発的に保有銘柄が下げる)
ならまだいいのですが、
パッと一斉に散る桜(全て暴落)
はまだ見たくない!!
天国のシオン様にそう願う私でございます。


追記

s_DSC_0339.jpg

期末処理が一段落し、
久々に近所のお店でお酒を飲みました。
下高井戸、日大通りの夜桜。
夜桜も美しい!
そして、
ほろ酔いの体に花冷えの夜気が心地よい!
今は、そんな季節でございますね。。。。。。
この季節が来るたびに、
あの時のシオン様のお姿を思いだすことでしょう、
これからも・・・きっと!