FC2ブログ
お犬様の執事の日記
我が家のお犬様との日々を徒然なるままに・・・
プロフィール

お犬様の執事

Author:お犬様の執事
我が家のお犬様!、

ロン様(チワワ)と
シオン様(Mダックス)に
お仕えしております
執事でございます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

あくせすかうんたぁ

再会~ありがとうの言葉に・・・
執事でございます。
1s_DSC_1065.jpg
帰りに倉敷にも行って参りました。
真備地区は水害で大変なことになっていますが、
ここ倉敷駅前の中心街はいたって無傷、
ただ、風評被害のため観光客が激減だそうです。

1s_DSC_1066.jpg
美観地区の本町、訪れたのは土曜日でしたが、確かに人が少ないかも!?
1s_DSC_1069.jpg
まずは、やはりこれ!星野仙一さんの銅像と再会!

1s_DSC_1071.jpg
星野さんの記念館へと続く通り、やはり・・・観光客は少ない・・・
1s_DSC_1068.jpg
渡し船も天候の関係で運行中止でございました。

土産物屋のおばさんに聞いてみると、
「風評被害で観光客が減ったけど、少しずつ客足は戻ってきてます。
忙しくてなかなかボランティアには行けないので、
せめてお土産を買って帰りたいって言って来て下さる方が多くなってきました。
優しいねぇ、日本人は・・・本当にありがたいです。」
私も同じ気持ちでございます。
頸動脈に爆弾を抱える今の私がボランティアに参加し、下手をして倒れでもしたら、
それは、かえって小さな助力、大きな迷惑!になりかねません。。。。
おばさんの言葉にお土産を買って買って買いまくり、
重すぎて、その場で食べて、持って帰ってまた食べて、
結果、見事に夏太りでございます。。。。

1s_DSC_1078.jpg
鯉さんは、元気に泳いでいました。
1s_DSC_1076.jpg
お昼過ぎとなり、人通りが増えてきました。
頑張れ!倉敷!!

そして、美観地区の中で、私として外せないのは、やはりここ!
1s_DSC_1088.jpg
豆柴カフェでございます。
ここは、土日、祭日は15分から長いと1時間待ちだそうで、
相変わらずの人気で何よりでございます。
1s_DSC_1084.jpg
1s_DSC_1085.jpg
新しいお犬様(白い豆柴)もいらっしゃいますね。
1s_DSC_1086.jpg
しかし、カップルと家族連れが多く・・・私のようなお一人様は・・いない・・・
何だか浮いている執事でございました。

1s_DSC_1094.jpg
ハリネズミ様にも再会!
おひとりだけ元気に動き回っていたこのお方、私なりのベストショットでございます。
もちろん、同館の3階にあるフクロウの森にも行って参りました。
1s_DSC_1097.jpg
ノエル様と再会!
1s_DSC_1099.jpg
白フクロウ、このお方は新しいお仲間ですね。。。
さらに、
1s_DSC_1107.jpg
ヒョウ猫の森で、お猫様とも再会でございます。
1s_DSC_1106.jpg
お休みでございますね。。。。。
このお方は、ボス猫であらせられるレオ様!
1s_DSC_1105.jpg
「おうっ!来たのか。。。ゆっくりしていけや!」
と、オッシャッテいるようでございます。
暫く、ウロウロしていると、
1s_DSC_1104.jpg
私の前に一人のお猫様が、
1s_DSC_1102.jpg
「来てくれてありがとう!」
とでも言うように、ペコリと頭を下げて・・・・
あずみ様
、忘れていません。
前回の訪問の際、ずいぶんと懐いてくださったお猫様でございます。
その言葉(仕草)に感動を覚えた執事でございました。
ささやかな満足感を感じながら、
駅へと向かうと、電車が・・・・踏み切りに車が立ち往生したとかで・・・
止まっています。
また、引き返してお土産を買い、そしてまた食べて・・・
お腹もすっかり満足の執事でございました。


PS:
それにしても、今年は災害が多すぎます。
このままでは、被災地が増えるばかり・・・
神道、日本。八百万の神々よ!どうか私達をお守りください!
そう神棚にお願いしたくなります。

大地の気、人の和、国(国家)の理(ことわり)
それら全て乱れる時、未曾有の災害が・・・・
私が勝手に信じていることでございます。
首都直下、南海トラフに富士山大噴火・・・・
まだ大丈夫、致命的な災害は起きません。
そう信じています。
そして最後に、
今年の災害で亡くなられた全ての方々のご冥福をお祈りするとともに
被災地の一日も早い復興をお祈りします。
日本人は強い、必ず絶望の中から立ち上がる!
そう信じています。


スポンサーサイト
縁がある!?
すっかりご無沙汰の執事でございます。
先週、遅いお墓参りの帰りに行って参りました。

1s_DSC_1027.jpg
日本三大秘境の1つと言われる、祖谷(いや)渓谷
そこのある”かずら橋”でございます。

1s_DSC_1025.jpg
私の実家がある徳島県の西部、大歩危(おおぼけ)近郊にあるのですが、
訪れるのは初めてでございます。
1s_DSC_1030.jpg
かずら橋へと続く道・・・・、受付で550円を払い、いざ!渡ると致しましょう。
1s_DSC_1031.jpg

足元を見ると・・・
1s_DSC_1033.jpg
少し、足がすくむのでございますが、橋の中央からはこのような絶景が!
1s_DSC_1037.jpg

近くには、
平家の落人達が、都の生活を忍び琵琶を弾いて慰め合ったと伝えられる、
琵琶の滝もございます。
1s_DSC_1041.jpg
その高さは、50メートルとのことで、
私の拙い写真では迫力がイマイチ伝わりませんが・・・

1s_DSC_1039.jpg
これもなかなかの絶景でございました!!

かなり暑かった先週・・・自転車を借りて回ろうと思ったのですが、
流石にこの暑さでは、こちらが落人、いや病人になってしまうということで、
観光タクシー(2時間、8,600円)を頼むことに致しました。
私が、実は徳島生まれだと告げると、話が弾みます。
そして、なんと!
運転手さんが中学校の先輩であることが判明!!
縁もゆかりもないはずのこの地で縁のある人に会いました。。。。

私、実は(前世でかも!?)
この地に何かしらの縁があるのかも知れません!?

懐かしい中学校の話をしながら、もう一か所、
駅名にもなっている大歩危渓谷。
(この大歩危駅、特急停車駅のくせに、ときどき無人駅・・・・
切符の自動販売機はあるのですが、
間に合わいそうにない時は、とりあえず列車に飛び乗り、
中で切符を買うのです)
こちらは遊覧船に乗って参りました。

1s_DSC_1061.jpg
下流では川幅が1キロを超える四国三郎の名で知られる吉野川、
その源流に近いのが大歩危(小歩危もございます)でございます。

1s_DSC_1060.jpg
舟はゆく・・・渓谷を・・・

1s_DSC_1054.jpg
1s_DSC_1055.jpg

渓谷から見上げる道路と小さな滝も・・・
1s_DSC_1053.jpg
暫くすすむと道は、
大歩危の下流にある小歩危渓谷へと続きます。
こちらは流れが急すぎていけないようで・・
小歩危を前にUターン、
20分くらいの遊覧船の船旅でございましたが、
こちらもいい気分転換になりました。

さらに、見どころはもう一つ!
かずら橋と琵琶の滝は夜ライトアップされているということで、
これも見逃すわけには参りません。。。。

1s_DSC_1015.jpg

”真夜中は別の顔”でございます。
1s_DSC_1010.jpg

夜のこの雰囲気は・・・
1s_DSC_1016.jpg
何か出てきそうな気がしますが・・・

琵琶の滝も見事でございました。

1s_DSC_1020.jpg

滝近くの広場で数人が記念写真を撮っております。
その足元には、ピンと耳を立てた中型犬、柴犬のお犬様でしょうか?
暗くて良く見えませんでしたが・・
「へぇ~、お犬様連れで観光とは・・いいですねぇ」
そう心の中でつぶやきながら、
その人たちと交代でその撮影スポットへ進み私。
振り返ると・・・いません!お犬様が・・・・
あれは・・・確かにお犬様、
一体どこへ・・・
いつの間に消えたのか!?

その答えは、運転手さんがくれました。
「ここ、祖谷の地は、大正時代までは世間とは隔絶された土地だったようです。
それゆえか、ちょっと変わってまして・・・
”キツネ憑き”はご存知ですか?
よくキツネに憑かれるって言いますが、この地では狐の代わりに犬なのです。

”犬憑き”なのですよ。。。憑りつかれても悪さはしないようですがね。」

では、私の見た物は!?
その話をすると運転手さんは妙に納得するは・・変に感心するはで・・・・

1s_DSC_1019.jpg

お犬様を見たスポットから撮った写真でございます。
私は、やはり・・・
いや、絶対にお犬様には縁がございますね!!
そう確信できた、つかぬ間の夏休みでございました。

PS 
台風が多い年でございます。皆様に被害なきことを祈っております。
今回の台風、21号も徳島に上陸、私の実家近くを通過しました。
(前のやつも真上を通過)
幸い、私の実家には今回も被害がないようでございます。
これもお犬様のご加護のお蔭でございましょうか!?
しかし、台風とは・・・あまりご縁がないことを望みます。。。。