お犬様の執事の日記
我が家のお犬様との日々を徒然なるままに・・・
プロフィール

お犬様の執事

Author:お犬様の執事
我が家のお犬様!、

ロン様(チワワ)と
シオン様(Mダックス)に
お仕えしております
執事でございます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

あくせすかうんたぁ

遠き日の記憶
こんばんは。
執事でございます。

ふとしたきっけで、昔の記憶が蘇ることがございます。
実家で見つけたこの写真。

2014111419030001.jpg

古ぼけた写真でカメラ目線でお座りを決めている犬。
彼の名は、チル。
私が生まれる前から両親が飼っていた犬でございます。

チル、マリ、コロ、クロとシロ、そしてエス。
私が19歳の時、東京に出てくる時までに実家にいた犬達の名前でございます。

それは、まだ私が小学生の頃。
ある日、突然、子犬を抱いて学校から帰ってきました。
帰り道で子犬をもらってきたのです。
マリ、そう名付けた子犬は、雑種の小さな女の子でございました。

マリは、からだが弱く病気がちでした。
そのとき、番犬としてコロがいたにもかかわらず、マリをもらってきてしまった私。
必然的に、マリの面倒は私がみることに。
当時は、犬は外で飼うもの。
かといって、弱々しいこの子犬を外で雨風にさらしておくわけにはいかず、
納屋にタオルを敷き詰めて飼うことに。
納屋を汚さないか、汚すと怒られる・・・
と、びくびくしながら面倒をみていたのでございます。

すると、マリは教えてもいないのに、
トイレは自分から納屋から出て外でするのです。
雨の日は、ずぶ濡れになりながら・・・・・
「いいよ、ここでしても。」と言っても何度も外へ出ていくのです。
きっと、そのことが彼女の命を削ることになったのでしょうか・・・・
2週間ほどして、彼女は虹の橋へ旅立ってしまいました。

弱々しい子犬にもかかわらず、迷惑をかけまいと頑張っていたマリ。
その心根を思うと悲しくて悲しくてなりませんでした。
私は、泣きながらマリを埋葬して、
線香をあげ、手を合わせて暫く動けなかったのを思い出しました。

今になって何故、そんなことを思い出したのかはわかりません。
ただ、昨日、チルの写真を見たときに、
脳裏に去来したのは、当時のマリの姿だったのでございます。



そして、現在。
私は、今週もお二人とのドタバタ生活を送っています。
r418.jpg
う~ん、やられた。。。。
と、今朝もロン様は吠えまくり、
s627.jpg
その後も、
s626.jpg
朝の散歩でやりたい放題のシオン様。

帰ってくると、
s628.jpg
お帰り~、ご飯はぁ!?
上機嫌で近寄ってくるシオン様、
このあと、
r419.jpg
ご飯を盗られまいとしているロン様の隙をつき、
s629.jpg
盗み食いして、
タックルをぶちかまされ、泣き出すシオン様と、

r420.jpg

無事ご飯を盗り戻し、満腹でソファでまどろむロン様。

いつもの我が家の風景でございます。


このお二人の面倒は、絶対まで最後までみます。
何があっても!
私が出かけていたために、そしてその後東京へ出てきたために、
最後を看取れなかったコロ、クロとシロ、エス・・・・
(チルは写真はあるのに、最後はほとんど覚えていないm(__)m)
そして、マリに誓います。

マリは、今でも実家の庭の木のたもとに眠っています。
今度帰るときは、手を合わせてお線香をあげてくるといたしましょう。




スポンサーサイト

テーマ:お犬様とのドタバタ日記 - ジャンル:ペット

コメント

こんにちわ
私も 2頭の虹の橋を渡って行った子に
もう少し何かしてあげられたのでは?など
色々考え苦しむ時があります
せめて今の小鉄とコタには私の出来る限りの事をしてあげよう
そう思っています
[2014/11/15 12:33] URL | kazu #- [ 編集 ]

せつないですね…。
ペットを飼うって事は、必ずその時がくる…という事を改めて思います。執事様はたくさんのワンコが虹の橋で待っていらっしゃるのですね…。
つい先日ワン友が旅立ちました。寂しいです…。
今年は知っているだけで4頭、虹の橋へ行きました。
居て当たり前…が、当たり前でなくなる時にいつも考えてしまいます。
今いる子達にどれだけの幸せを貰い、与えられるのか…。
この時代に、時同じくして出会わせていただけた奇跡をまず感謝し後悔しない人生(犬生)をお互いに送りたいですね…。
ワン友なのにペットロスに陥ってブログが滞ってしまっておりますが、また気持ち新たに再開しますのでよろしくお願いします。
[2014/11/15 15:08] URL | じゅんじゅん #- [ 編集 ]


物心ついた時には もういなかったのですが
うちも猟犬を飼っていたようです。
その後 プー爺が我が家の子になるまで
わんこからは 遠ざかっていたのですが・・・。
今では 可愛くて可愛くて仕方ない子達です。
自分に出来る限りの事 この2わんにはしてあげたいと思っています。
2年前に虹の橋へ渡った プー爺にも誓ってます。
執事様も 体調に気をつけられて 
ロン様シオン様と楽しく充実した日々を送ってくださいね。
[2014/11/17 10:18] URL | のあば~ば #HSzG5QiE [ 編集 ]

Re: タイトルなし
Kazu様
コメント、ありがとうございます。
Kazu様もそうなのですね。
私も頑張ります。
[2014/11/18 00:18] URL | お犬様の執事 #- [ 編集 ]

Re: せつないですね…。
じゅんじゅん様、
コメントありがとうございます。
そうなのです。私は虹の橋でわんさかお犬様がお待ちなのです。
でも今は、お二人に集中。本当に同じ時代を生きているキセキをかみしめながら、
一緒に生きて行こうと誓っています。

[2014/11/18 00:22] URL | お犬様の執事 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
のあば~ば様、
コメントありがとうございます。
私もチルは物心ついたころにはすでに他界していて、かすかな記憶しかないのです。
今、私は少し体調を崩しているのですが、
一刻も早く回復して、頑張ります。
今を一緒に生きている二人のために。。。。

[2014/11/18 00:25] URL | お犬様の執事 #- [ 編集 ]


虹の橋に居る先輩たちが今のロン様とシオン様を
見守ってくれてるんですね~♡
心強いな~♪
チルちゃんのお写真から
『大丈夫だよ~』って聞こえてくるような感じがします♡
[2014/11/18 17:25] URL | ぶっちー #- [ 編集 ]


昔の写真なんかが出てくると・・・
整理をしているつもりが どんどんと・・

涙が出てきたり・・笑いがこみ上げたり・・

なんだか若かりし頃にもう一度戻りたくなってしまいます。
[2014/11/19 19:58] URL | ちわわん #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
ぶっちー様、
ありがとうございます。

> チルちゃんのお写真から
> 『大丈夫だよ~』って聞こえてくるような感じがします♡
よく見ると、私もそんな感じがしてきました。
チルがいたときは、私も小さかったので、そんない覚えていませんが、
きっと今でも見守ってくれているのですよね。
頑張ります!
[2014/11/19 22:57] URL | お犬様の執事 #- [ 編集 ]

Re: タイトルなし
ちわわん様、
コメントありがとうございます。

> なんだか若かりし頃にもう一度戻りたくなってしまいます。
本当にそう思いますよね。
しかも、あの時は、ああしとけばよかった・・・などと思ってしまいます。
でも、その想いを振り払って、頑張っています。
天国から見守ってくれている子たちのためにも!
[2014/11/19 22:59] URL | お犬様の執事 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ronshion.blog.fc2.com/tb.php/185-f46b55d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)