お犬様の執事の日記
我が家のお犬様との日々を徒然なるままに・・・
プロフィール

お犬様の執事

Author:お犬様の執事
我が家のお犬様!、

ロン様(チワワ)と
シオン様(Mダックス)に
お仕えしております
執事でございます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

あくせすかうんたぁ

まだ伝えたいことがある・・・
執事@心身ともバテ気味、でございます。
本当に暑い!、毎日溶けそうでございます。
皆様もお気をつけてお過ごしくださいませ。

さて、前回の記事から気づけば、はや半月以上経ってしまいましたが・・・
少しだけ続編を・・・・

アニコム、言わずと知れたペット保険の会社、ここの株主総会へも行ってきました。
2015062713140001.jpg
アニコムは、保険屋さんですが、いろいろなことにチャレンジしているようです。

2015062713150000.jpg

ペットレスキュー号、前方で飼い主(人間)が、後方ではペットが健康診断を同時に受けることができる健診車。
人間でさえ受診率のすくないがん検診、それらを含めた健康診断を家族一緒に(人間+お犬様、お猫様)受診してもらおうという試みだそうです。
単なる保険屋さんに何ができる!?、と少し侮っていましたが、どうしてどうして・・・色々とチャレンジしています。
もっと印象的だったのは、
アニコムの子会社「日本どうぶつ先進医療研究所株式会社」、
ここでは、昨年から小型犬・猫の僧房弁閉鎖不全症の手術を9割の確率で成功させているそうです。
昨年の8月以降、月間10例のペースで、おおむね3時間の手術時間で行っているとのことでした。
ロン様の命を奪った僧房弁閉鎖不全症、
この病で苦しむワンちゃん、飼い主さんは結構多いと思います。
いままで薬で進行を遅らせることしかできなかったこの病気、外科的治療ができるようになったのです。
もはや、犬猫版”医龍 1”(古い!?)と言っても過言ではありません。
ただ、世間に広く普及していくにはまだまだ時間が必要なようですが・・・・
この病気で苦しむ方々には、一筋の希望の光となることを祈っています。

そして、これ。
2015070100270000.jpg

これは、アニコムの株主総会でのお土産。
人畜共通感染症(ズーノーシス)の検査ができる検便キットだそうです。
飼い主とワンちゃん・猫ちゃんの検便を送れば、感染の有無を検査してくれるようですね。

アニコム、
ぺっと保険は7歳11ヶ月までしか加入できなくなってしまったようですが、
(昨年の改訂で、その改訂にあたってアニコムの掲示板が炎上したとか??)
ペットの予防医療と先進医療への取り組みは評価できます。
これからも頑張って進めてほしいものですね。

そして、大日本住友製薬株式会社。最近、私めは株主になりました。
きっかけは、7/6付け日経の記事、
ペット向け再生医療薬の実用化を3年後をめどに目指す、というものです。
健康な犬の生体組織から、間葉系幹細胞を取り出したものを培養して、
ヘルニアやアトピー性皮膚炎で苦しむ犬に注射することで、
組織の炎症を抑制し、皮膚の再生を促す薬
を開発するようですね。
実用化できれば、世界初だそうです。
シオン様と同じ犬種、ダックスに多いヘルニア・・・・
注射だけでよくなるなら、こんなに嬉しいことはございません。


ガンなどの重い病気で、事故等が原因の麻痺で苦しむお犬様、お猫様、
生きるのです。苦しくとも今は、ただ生きてほしいのです。
医学は、日進月歩。
それは人に限らず、ペットの医療も同じです。
近い将来、その病が必ず治る時がくることを信じて、
今は、ただ、ただ・・・生きてほしいのです。


私は、株主としてこれらの会社を見ていきます。
その取り組みの進捗度合いを、時には賛同し、ときには辛辣な意見もして。
たとえ弱小株主と馬鹿にされようが・・・・
そして、事実を伝えるのです。

ロン様の声(ワン、ワン、ワァ~ン)が聞こえたような気がしました。
「前を向け、頭を使え!お前は頑張ってその使命を全うするんだ」
その声が今は私を導いているような気がします。

少し前、夢を見ました。。。。。
薄暗い廊下を私は歩いていました。
少し先の扉からかすかに光が・・・・
やっとのことでたどり着き、こじ開けた扉の向こうには、
光のなかで微笑むロン様のお姿が!
r332.jpg
そう、ちょうどこんな感じでお座りをして、こちらを見ているのです。
思わず、頭をなでようとした瞬間、・・・・目が覚めました。。。。。。

何かの暗示なのでございましょうか??
いまでもふと、脳裏をかすめるその、
喜ぶ姿も、怒った顔も、甘えるしぐさも・・・・
決して忘れることなく、
この胸に抱きながら、
私は生きているのでございます。


スポンサーサイト

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2015/08/03 18:19] | # [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2015/08/04 10:11] | # [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2015/08/05 09:11] | # [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2015/08/07 11:06] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ronshion.blog.fc2.com/tb.php/221-8e76dce7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)