お犬様の執事の日記
我が家のお犬様との日々を徒然なるままに・・・
プロフィール

お犬様の執事

Author:お犬様の執事
我が家のお犬様!、

ロン様(チワワ)と
シオン様(Mダックス)に
お仕えしております
執事でございます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

あくせすかうんたぁ

執事の就活~行く道は・・・天気晴朗なれども波高し・・・
執事でございます。
我が就活、第一弾として「P's First」なるペットショップを訪れました。

2016011115240001.jpg
2016011115240000.jpg

このペットショップ、保護犬譲渡活動も行っているのでございます。
私が訪れたのは、自宅に一番近い経堂(きょうどう)店。
ミニチュアシュナウザーの保護犬が1頭、
子犬・子猫たちに混ざって店頭に居ました。
6歳の男の子です。
このペットショップ、保護犬の譲渡会も行っているようですね。

s_img096.jpg

頂いてきたリーフレットです。
最近、保護犬を取り扱うペットショップができたとは聞いていましたが、なかなかいい試みだと思います。
さて、私めの活動でございますが、
まずは譲受の条件確認をしてきました。
その条件の中で、一人暮らしには保証人が必要!?
一人暮らしは譲渡対象外ととなえる愛護団体さんよりは、はるかにハードルが低いのですが、
友人に頼み込むのは、なかなか難儀なことかも知れません。。。。
それともう一つ、保証人の条件がクリアできたとしても。
譲受後の避妊・去勢手術とその報告義務!
これは、ほとんどの愛護団体、動物愛護センターもうたっています。
これは、私はよほどのことがない限り、やりたくない!!
また、これは聞くのを忘れましたが、
保護犬ではなく、通常販売の犬・猫にも避妊・去勢の報告義務を
求めるのでしょうか?(ついでに一人暮らしの保証人も)
今度、機会があれば聞いてみましょう。

お犬様の一生は、人よりは格段に短い、
ならば、
のびのびとあるがままに生きて、その生を全うしてほしい!!
私の願い、信条はこれでございます。
ロン様、シオン様はその通り育てました。
躾をしたのは、トイレのみ。
後は、ゲージはトイレの場所として使っていたくらいで、
現在の住居に越してきてからは、ゲージさえもなくしました。
その代り、小さい頃は毎日1時間以上のお散歩は絶対に欠かさず、
成長してからは毎日2時間(有事と雨の日を除く)。

s_006.jpg

生後7ヶ月のロン様と4ヶ月のシオン様。
お散歩を終え、ゆったりと寛いでいます。

お二人は、立派に育ちました。
お二人の性格(犬格)がよかったせいか!?
お留守番の時は、無駄吠えもなく(留守中に訪れた知人談)、
部屋が汚れることも、咬みまくることもありませんでした。
特にシオン様は、人間が大好きで懐っこいお犬様に育ったのでございます。

避妊・去勢をしないリスク・・・・それは承知しております。
もし、遺伝子解析ができて、
「この子は将来、子宮筋腫、肛門周囲腺腫、前立腺がんなどを
発症するリスクが明らかに高い」
そう判明したなら、私は行うでしょう。
そうでない限り、健康な体にメスを入れるのは、
かなり抵抗があるのでございます。
ましてや、病気のデパートのような保護犬に手術など・・・
(お店に居たお犬様も、歯槽膿漏、心雑音レベル2など・・・・
問題は、心雑音・・僧房弁閉鎖不全症・・・悪夢が頭をよぎります)


人間もそうですが、どうぶつは全て微妙なバランスの基に健康を保っていると
私は感じています。
持病と自己免疫とのバランス、運動と休息のバランス、
リラックスとストレスにさらされることのバランス・・・・
身体にメスを入れることによりこのバランスは崩れ、
新たな病の火種となると考えています。
がんが不治の病と言われるのは、取りきれなければ、
手術による傷の修復に免疫機能がその力を使っている間に、
残った悪性のがん細胞は静かに増殖を続けているはずだからです。

保護犬を迎えることに異論はなく、できるならこの執事の力を
いままで苦労してきた、辛い目に合ってきたお犬様たちのために使いたい。
その気持ちに一点の曇りもございません。
されど、私は信条を曲げることはしたくない。
いやその頑固さ(これは父譲りでしょう)ゆえできないのです。
天気晴朗なれども波高し!、
まずは、そう感じた一日でございました。

話は、すこし変わりますが、
動物愛護法は、生後56日に満たない子犬・子猫の販売・展示を禁じています(第22条の5)。
店員さんに聞いてみたのですが、
生後45日から販売しているとのことでした。
他のペットショップでも同様の回答だったと記憶しています。
ペットショップは、その店舗ごとに動物取扱責任者を置かねばならず、
動物取扱責任者は、動物愛護法を周知徹底する義務を負うはずです。
また動物取扱責任者には、一年に一度の研修を受ける義務もあります。
研修で教えているはずのこの条項、
いったいどうなっているのでしょうか??
このペットショップの運営会社が上場会社なら、
株主総会へ乗り込んで社長に直接問いただしてみたいものです。

またまた話は変わりますが、
平穏なスタートと思っていた今年も株は、
私の資産運用は大波乱のスタートでございます。
下~にぃ!、した~にぃ!
大名行列のとなえ文句よろしく、
年明けから下げまくっています。
年末に含み益だった株が、いきなり含み大損に!!
こちらは、
大嵐、おまけに滅茶苦茶波高し!
といったところでございましょうか。。。。

今年もいろいろと難儀しそうでございます。

それでは、また。




スポンサーサイト

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/01/11 22:31] | # [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/01/12 14:08] | # [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/01/13 15:09] | # [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/01/14 07:58] | # [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/01/14 08:54] | # [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/01/14 14:46] | # [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/01/14 22:07] | # [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/01/15 22:09] | # [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2016/01/26 05:55] | # [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ronshion.blog.fc2.com/tb.php/234-877507db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)