お犬様の執事の日記
我が家のお犬様との日々を徒然なるままに・・・
プロフィール

お犬様の執事

Author:お犬様の執事
我が家のお犬様!、

ロン様(チワワ)と
シオン様(Mダックス)に
お仕えしております
執事でございます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

あくせすかうんたぁ

時を映す鏡~悪魔が告げる、「お前の愛を選べ!」(ヤマト 2202)
執事でございます。
今回は、またまた映画のお話でございます。

ヤマト 2202~銃愛篇、観てきました。
1s_EPSON034.jpg
古代進と
1s_EPSON035.jpg
森雪。
やはり主役はこの二人、ですが・・・旧作とはかなり趣が・・・
その一役を担うのが、ヤマトの敵、ガトンティスを率いるズォーダー大帝。
やたらよく喋る。。。。

悪魔が告げる、
古代に興味を持ったのか!?、
無理やり対話の場に引っ張りだして、悪魔の選択を迫るのでございます。
「地球へ向かう3隻の避難を乗せたガミラスの戦艦全てに人間爆弾を送り込んだ。
1隻だけ助けてやる。古代、お前が選べ!」と。
そして、その内の一隻には、雪が。。。


{・・・とある保健所、
私の目の前には、3匹のお犬様が。そして彼らの命の期限はあと1時間。
「1匹だけ、1匹だけ選んで里親になってください。」
「私は、全てひきうけるつもりですが・・・」
対応した職員からは、抑揚ない返答が・・
「いや、規則ですから・・・・」}

そんな光景が脳裏をよぎるのでございます。
ズォーダー大帝のショックウェーヴに見せられた光景!?

1s_EPSON037.jpg

もちろん、雪の乗った1隻を選ぼうとする古代、
しかし、それを選ぶことは、すなわち他の艦の人々を見捨てることに。
そして、その結果、心を覆う嫌悪感と最悪感・・・・
情を察した雪は、古代に選ばせまいと、自らを犠牲にして艦から飛び降りて・・・
俺は選ばない!、と叫び、雪を追う古代。
怒ったズォーダーは、選ばないお前の責任だとばかり、全ての爆弾を起爆、
瓦解する惑星へと落ちていく艦艇。

1s_EPSON038.jpg
それを救ったのは、土方艦長(まだ正式に艦長ではないが)の決断でした。
瓦解する惑星コアへ波動砲をぶっぱなします!
(物理学?、量子力学?、理論上そんなことが可能なのかは理解不能ですが)
そして、古代と雪はおろか、3隻全てを救出。
「ガトランティスの王が見物しているなら丁度いい。
人間がいかにあきらめが悪く、しぶとい生き物であるかを解らせてやろう。」
土方艦長のこのセリフがカッコいい!!


現実では、きっとそうはいかないでしょうね。
先のような場面を想像すると、私ならどうするか???
土方艦長のような救世主は・・・きっと現れないでしょうから。

旧作とは違う問いかけが。このヤマトにはあります。
(ご覧になってない方、ネタバレ、申し訳ございません)

前作(ヤマト2199)とは比べものにならないほど、
艦長代理として”主人公”演じている古代君!
それでも、
沖田艦長とスタシャーとの波動砲封印の約束に苦悩する古代君。
(苦悩の末、結局、撃つのですが。)
それしか、仲間を、部下を救うすべがないなら、
私なら、ためらいなく撃ちます。

ヤマトとは、(もう一つの観方は)闘いを通じて古代君の成長を描く物語。
旧作の古代君とは、あまりに違うその性格、そして成長過程。。。
旧作の時代、1970年代と比べて男性的ではないような・・・
そして、女性戦士の数もやたら多い!
今回のリメイク版は、やはり時を映す鏡なのでしょう。

1s_DSC_0811.jpg

次回は、天命篇。
どうやら、あのデスラ-総統も再登場のようです。
楽しみですが、
前作(ヤマト2199)のように終盤でズッコケないことを祈ります。



来世へ繋ぐ魂の記憶
執事でございます。

1s_EPSON031.jpg
(全ての画像はパンフレットより抜粋)
久々に映画を観てきました。ヤマト2202以来でございます。
「僕のワンダフルライフ」。
レオママ様、ゴルのママ様のブログでこの映画の存在を教えて頂きました。
また、マライヒ様他、私が拝読させて頂いている方々のブログも参考にさせて頂きました。
皆さまのお勧めの通り、良い映画でございました。
と、同時に私にはある仮説を提供してくれました。

輪廻=リンカネーション(Reincarnation)..何だか英語も音が似ています。
生まれ変わり・・・信じてはおりますが、前世の記憶は・・・
ほとんどの人がないことでしょう。

神は、巡り逢い別れゆく運命を人に与えたのですね。
もし前世の記憶があれば、再会は、もっと感動的であるかもしれないのに・・・
反面、前世で恨み、呪ったことがある人にとって、
その記憶を持って生まれたなら・・・
それは新たなる不幸の始まりなのかもしれません。
ゆえに、神は記憶を消し、必ず別れが訪れる運命を与えたのでしょうか・・・
そんなことを考えておりました。
そして、犬や猫・・・その他の動物の場合はどうなのか???
遺棄、虐待・・不幸な生を送らなければならなかった動物たちは・・・

私は、この映画の冒頭数分のシーンに注目しました。
その子犬は、野犬として生まれ捕えられてしまいます。
時は、1960年代・・・米国も動物愛護の価値観は現在とは違うはず。
名もなき野犬(後のベリー)にとって、その後の運命は・・・

そして、その子は生まれ変わりました。
おそらく、この子の記憶は、誰かさんの言葉を借りれば、リセットされていたはず。
また同じ生の繰り返し!?、
それは、イーサンとその母に救われたことで前世とは違ったものに。

1s_EPSON029.jpg
ベリーという名前、人間との楽しい生活、人の優しさ。
イーサンに看取られて旅立ったベリー・・・
(シーンから安楽死かもしれないと思いましたが)
この時、べりーの魂には、それらが刻み込まれたような印象を受けました。

1s_EPSON028.jpg
そして、ベリーはその後3度の生まれ変わりを経験します。
人と暮らすことの楽しさ、それは、きっと彼の魂に記憶されていたのでしょう。
そして、
2度目の犬生では(名もなき最初のそれは除く)、人を救う勇気と力、
人の寂しき心も学び、最後は殉職。
さらに3度目の犬生では、幸せを運ぶキューピット役も演じ、老衰で旅立ち。
いよいよ4度目の犬生。
なんと、飼い主に捨てられてしまいますが、彼はめげませんでした。
イーサンとの記憶、それは魂に刻まれた記憶だったのでしょう。
野犬としての犬生の記憶は、時の彼方に置いてきたのでしょう。

1s_EPSON027.jpg

最後は、メデタク再会を果たしハッピーエンドでございます。
Be here now, that's a dog's purpose.
(今、ここでともに生きる、それこそが彼の生きがい)
最後のセリフが耳に残っています。

私達が悲しい時、そっと傍によりそう。
楽しい時、ともに喜ぶ。
時に犬や猫は、そうして私たちの心を癒してくれます。
誰に教わったわけでもなく、
その行動は彼らの魂が前世で学んだ記憶からくるもの。
悲しい記憶は、全てリセットされ忘却の彼方に。
そして、人とともに生きる幸せの記憶は伝承されていく。

何度も、何度も・・・お犬様を見送りました。
そのたびに、もっとよくしてあげればよかった・・・
後悔の念は今も消えません。
しかし、彼らは私と過ごした幸せな記憶のみを魂に刻んで転生するのです。
(そして、この映画のように、生まれ変わって再会できれば最高なのですが・・・)
この勝手な仮説を信じ、これから出会うお犬様たちに接していこうと思っています。
私との暮らしが、来世へと繋ぐ素敵な魂の記憶となることを信じて。



憂いあっても備えなし!?
執事でございます。

先週、行ってまいりました。

1s_DSC_0798.jpg

ペットショップなど、動物取扱業を営む者は、その店舗毎に動物取扱責任者を選定しなけばなりません。
もちろん、ブリーダー、シッターなど独りでで事業を営む者は、本人が動物取扱責任者となります。
そんな人を対象とするこの研修、年に一回行われ参加必須となっています。
(私は、今は事業(ペットシッター)は行っていないのですが、参加することに意義がある??)

そして、本年度の中身は!?
1.動物の感染症について
2.動物取扱業における災害時の危機管理について
でした。
災害・・・感染症も災害となれば危険因子です。
昔は、怖いものといえば、地震、雷、火事、おやじと言っていましたが、
今は、災害と言えば、
地震、台風、テロ、ミサイル!ですかね。。
まさに旬の内容、でございます。

1s_EPSON026.jpg
これが、テキスト。中は、こんな感じに。
1s_EPSON025.jpg
左に講師の方が示すスライド、右側はメモ欄。
講義内容は、
熊本地震の事例にそって、首都直下地震が起きた際に対応について、
でしたが、
話の中心は、BCP(Buisiness Continuity Plan)、
災害時の事業継続及び早期再開を目標とする防災計画でした。
BCP・・・・、Buisiness Contingency Plan(緊急時対応計画)なら研修を受けたことがありますが・・・
これは、緊急対応も含めた、
被災後の事業再開にも備えた計画のようでございます。
その前に、
1.まず何を助けるにしても自分が助かること!
2.逃がさない、これが一番大事。逃げられてしまうと安否すらわからない、それが、不安を増幅させる。
3.マイクロチップの他にも飼い主とペットの名前を書いた名札をつけておくとよい。
(マイクロチップは警察には読み取り機はない、保健所のみ。
被災時は、ほとんど役に立たない)
4.治安、感染症などの対策にもトイレが大事。
などためになる話はありましたが、どうもこれでは・・・

この研修の参加者は、ブリーダー、トリマー、シッターから犬・猫カフェ、ペットホテル運営者、トレーナー、
ペットショップなど販売業者、はては家畜の飼育業者まで・・・・

1s_DSC_0796.jpg
会場は、ほぼ満員御礼!総数約1,000名。
ためになるお話ではあるけれど・・・
総論よりは、各論を!
ブリーダーとペットショプの担当者とは、まったく準備すべき項目が違うはず!
ペットショップなら、
1.広いスペースがあるなら避難所(ペット同伴非難)の会場として開放する。
2.または、地方自治体の指定する避難所と連携してペット関連の物資を届ける
手順、ルートを策定する。
3.策定した計画を広く開示して(近所の人たちに災害時に利用してもらうように)周知する。
これができたら、そのペットショップの存在価値も上がるのではないでしょうか!?
被災時は、着の身着のまま、命からがら逃げるのです・・・・
ペット同伴の私達に、その時にまさに欲しいものは、そこにある!


やはり、参加者は業務内容別に振り分け、
それに準じた講義内容であるべきですね。
(この参加者層だと、講師の方も総論しか講義できない、
動物愛護センターに意見してやりましょうか!?)
周りを見れば、寝ている者あり、ずーとしゃべり続けているうるさい奴もいて、
そして(失礼ながら)どうみてもペット関連の仕事をしているとは思えない人々も・・・

大箱の会場で総論の講義を受けて
(一応最後に試験問題の回答用紙提出もありますが)、
これで資格継続、で一件落着。。。。。
あとは、個人の努力というのでしょうが、これでは、備えあれば憂いなし、
ではなく、
憂いあっても備えなし!、に等しいのでは?
そんな感じを抱いた一日でございました。

話は、変わりますが、
衆院解散、また騒がしい日々がやって参ります。
これこそ、備えあれば憂いなし!の政策論争をお願いしたいものでございます。
消費税、待機児童問題、年金問題・・・いろいろありますが、
核ミサイル一発着弾ですべて吹っ飛びます!
まさか、
「米軍は11月中旬までは先制攻撃しないからね、その前に・・」
などとMr Presidentにつぶやかれたのではございませんよね??
敵基地先制攻撃能力を持つ、
それも間に合わないかもしれません。
実質、
憂いあっても、備えなしに等しい現状、
これを打破するために頑張って頂きたいものでございます。
ブレグジット、米大統領選、絶対にあるまいと思ったことが現実になる昨今、
まさかの戦争も・・・あっては困るのですが、
国を挙げての備えは必要です。。。。

「解散は買い!」
株は上がっています。
ロケットマンと閣下の”罵り合い”のたび上下すると思いますが、
基本的に上がっていくでしょう、10月中旬か下旬までは。
暫くは、一息つけそうな地合いです。
その後は、何かの暗示があるはず・・・・

1s_DSC_0795.jpg

太陽フレア襲来のときの夕焼けでございます。
美しいものは・・何かを暗示している場合あり・・・
私がふと思うことではありますが、
天変地異に関しては、
憂いあっても、問題なしで、
お願~い致します!



リアルからの逃げ道~安らぎのひと時を・・・
執事でございます。

太陽フレア襲来、北朝鮮・・・そして株価は暴落(のち暴騰)・・・
戦端が開かれるならその予兆は株価・為替に現れるはず、
とNYマーケットを明け方まで見ていたのでございます。
こんな風に、ここ1週間どうも平穏な気持ちで過ごせておりません。

そんな中、保護犬・猫カフェ、CATS&DOG CAFEに行って参りました。
目的は、これ!

1s_DSC_0794.jpg

”ヤマト 2202”のDVDに脚本を手掛ける福井 晴敏氏の直筆サイン
頂いて参りました。
根っからのヤマトファン(正確には「さらば・・・」までの松本零士ファン)の私には、
このDVDをみることもリアル(現実)からの逃げ道の一つでございます。
「さらば・・・」とは、若干(いやおおいに?)設定も絵も違いますが、
綺麗な画像と福井さんらしい(?)ストーリーが気に入っている私でございます。
ただ、DVD①のエンディングでジュリーの懐かしい歌とともに、
傷だらけのヤマトが地球に帰還するシーンが・・・・
これは、「さらば・・・」ではなく「ヤマト 2」のエンディングを暗示している!?、
のでしょうか・・・

なんだかヤマト関連目的のみで保護犬・猫カフェに通っているようですが・・・
この日は、犬エリアにいつもよりお犬様が!

1s_DSC_0788.jpg

ユニオンジャックの服をお召しになった(ちょっと見づらいですが)、
ブラッククリームのチワワ、小鉄様!

1s_DSC_0791.jpg

もちろん、サラシ様も!
1s_DSC_0789.jpg

この日は足元まで来てくださり、アップも取れました。

他にも、
1s_DSC_0792.jpg
お名前を聞き忘れましたが、お犬様が2名。
お犬様に囲まれて、そして時折、撫でさせてもらって過ごす時間、
現実を忘れ、しばし安らげるひと時でございます。
やはり、私は根っから、お犬様の執事なのでございます。
それを実感するひと時でございました。

そして、いつものように

1s_DSC_0793.jpg

この日もスカイツリーを観ながら帰路に着くのでございました。



世につれて・・・
執事でございます。

26日は父の命日でございました。
墓参りを兼ねて帰省しておりました。

1s_DSC_0786.jpg

祖母、父、そしてご先祖様が眠る霊園。菩薩像が迎えてくれます。
お墓を掃除して、写真を撮り墓参りができない母へ・・・
介護施設で写真を見せながら、母にもお墓参りをと。

それにしても、暑うございました。
お墓を数十分掃除しただけでもうバテバテでございます。
お散歩焼けならぬ、お墓掃除焼け・・・・
日焼けして帰って参りました。

実家の方は、ほぼ予定通り片づけを完了。
かつてこのリビングは、
祖母が居て、父が居て、母が居て、そしてお犬様が居て・・・
今は私のみが、ここにいる。
核家族、独身貴族、お一人様、・・・そして孤独な老後、空家・・・
世につれて、悪い意味での(?)流行をいく我が家かな??
壊れてエアコンの前で、額に大汗をかきながら、
こんなことを考える執事でございます。

何だか寂しくなってきたので、久々に夜の街へ出かけました。

1s_DSC_0783.jpg

教えてもらった徳島ラーメンのお店、”阿波屋”
(ここは、"中華そば"ってかいてありますね)

徳島ラーメン???
私が子供の頃はそんなものはなく、”中華そば”なら・・・
はたして、お味は?
まさにその中華そばがベースとなったものでございました。
B級グルメ、ご当地そば・・そんな世の流行につれて、
徳島ラーメンと呼ぶようになったのでございましょうね。
しかし、子供の頃に食した懐かしい味。
世は変われど、変わらぬ味で感無量でございました。

で、徳島ラーメンはこれ!
とご紹介しようと思ったら、写真を撮るのをすっかり忘れておりました。
(写真を忘れ、がっついておりました。。。)m(__)m

1s_DSC_0787.jpg

代わりといっては何ですが・・・お土産の写真でご勘弁くださいませ!

さて、話は変りますが、
少し前に日経夕刊で、
”社員のモチベーション向上や人材獲得のためペット関連の福利厚生制度を充実させる”
そんな会社の記事を読みました。
ペット関連の慶弔休暇制度(誕生日や亡くなった時の休暇)、
同伴出勤可、
病気、通院の際の休暇取得OK
エサ代金支給(ペット手当)、

などなど。。。
記事には、この制度を導入しているIT関連企業他数社が紹介されておりました。
そのなかには、アニコム傘下のアニコム損害保険会社の名前も。
しかし、アニコムは慶弔休暇制度のみとの紹介。
ペット保険一番手を自負する会社が、まさにペットの福利厚生で他社の後塵を拝すとは!
と、ばかり株主である私は、すかざすIR・広報へ文句を、いや問い合わせをしたのでございます。
1a9.jpg


すると、
アニコム傘下の会社はすべて、
病気、通院での休暇取得OK、
同伴出勤は、現在の家主に禁じられているためNGだが、前オフィスではOKだった、
手当はないが、保険の割引はある。
そして、慶弔休暇については、就業規則に明記してあるそうです。
アニコム、侮りがたし!
ペット関連の福利厚生では、さすがに頑張ってますね!!

昔の人は言うかもしれません。
「人材確保のためにそこまでするか・・・犬・猫にまで・・」と。

「ちょっと具合が悪いので休ませてもらいます・・・」
嘘をつかなくとも、堂々とお犬様・お猫様を病院へ連れていける。
ペットは家族!、
世の価値観の変化につれて、ペットの待遇も変わりつつあります。
お犬様の執事である私にとって、
喜ばしい変化でございます。



この雨に祈る~終戦の日
執事でございます。
あいにくの雨の中、行って参りました。

s_DSC_0766.jpg

靖国神社、先の大戦で愛する人を、そして日本を守るため散華した英霊の方々の眠る場所。
近年になって知ったのですが、
私のご先祖様も一人、沖縄戦で戦死しておりました。

s_DSC_0769.jpg

雨のせいか、例年ほど並ばずに参拝できましたが、
それでも多くの方々が参拝に訪れておりました。
夕方4時半ごろ、雨足がひときわ激しく・・・

s_DSC_0771.jpg

私もずぶ濡れでございました。

雨、また雨。
ここ数日、梅雨に逆戻りしたかのような天候。
毎年、晴天の下で祈りをささげられた終戦の日。

yasukuni1.jpg

昨年もひたすら暑く、
ぬけるような青空が広がっていたのに・・・

Yasukuni.jpg

そして、2年前も3年前のこの日も・・・・
いったい、今年の天候はどうしたのでしょう。
まさか、これからの出来事を暗示している。。。。。
などと思いたくはありませんが・・・

私自身にとっては、この日の土砂降りは・・・
まさに、さもありなん!、といったところでございましょうか!?
あのカリアゲデブとMr twitter presidentの応酬のおかげで(!?)
株式運用は散々でございます。
今回は、韓国だけでなく、香港を始めアジアの株式が下がっております。
今日は、反発しているのですが、下げも反発も中途半端・・・
韓国だけの下げなら、彼の大統領の法人税上げの愚策により
外資が逃げていると判断できるのですが、
これでは、まだ最悪の事態が予想されるため、
私は、現金化を急ぎ、損切の嵐の中を進んでおります。
先物等でのヘッジを試みるも、焼け石に水状態・・・
見事なまでの土砂降りでございます。

濡れた服のまま、帰宅して玄関のドアに手をかけた私、
その瞬間、見えました!

rs266.jpg

そう、一瞬ですが、

rs265.jpg

昔見たお迎えの風景がみえたのです。

とんと気配を感じなかったお二人。
帰ってきてくれたのですね。
それとも、ご褒美にご先祖様が見せてくれた幻?

終戦の日、この雨に祈る・・・・
土砂降りでも先に進む勇気を頂いた気がします。

今日という日に、
愛する人を守るために散っていった方々、
先の大戦を生き抜いて日本を再興して下さった方々に
黙とうと感謝の気持ちを捧げるとともに
この平和が続くことを祈ってやみません。



8月を諦めて・・・!?
またまた久々の執事でございます。

7月より近隣のペットショプまわりを開始しました。
さあ、これから!
と言う時に、今度はパソコンが・・・
少しパフォーマンスを向上させようといじくっていたら、
Windowsのレジストリーの再構築に失敗、電源を入れても画面が固まったまま・・・
問題解決ナビすら起動できない状態、
出張サービスを呼ぶもお手上げ状態・・・・
先週半ばからパソコンと格闘していた私でございます。
電源を入れては、暫く放置、そして切る。さらに暫くしてまた入れる。
一度でも起動できれば・・・

それは突然のことでございました。
日曜の深夜、一度だけ、問題解決ナビが起動できたのでございます。
しかし、肝心のシステムイメージのバックアップ消失・・・
バックアップは取っていたのですが、備えあっても役立たず・・・

ここはもう、一か八かの作業を。
すると奇蹟でございます。直りました!!今は、前よりサクサクと動いております。
諦めなければ、奇蹟は起きるものでございますね。

さて、前置きが長くなりましたが、本題でございます。
我が就活ロードマップの通り、7月よりペットショプまわりを始めた私、
日々猛暑続きであったり、いきなり涼しくなったりで、
どうも体調がすぐれません。。。。。

かつて、ロードマップを作ったとき、
ゴルのママ様に、「猛暑の季節に大丈夫でしょうかぁ!?」
とのアドバイスコメントを頂いたのですが・・
その懸念が現実になってしまったようでございます。

1s_DSC_0752.jpg
気持ちよさそうにお休みのCATS&DOGS CAFEの看板犬サラシ様。

1s_DSC_0748.jpg

カメラ目線も下さるようになって参りました。
そう、ここだけは何回も訪問しています。
その理由は・・・やはりこれ!
1s_DSC_0749.jpg
ヤマト、発進篇のカッコいいVERSIONのポスター。
7月に訪れたときは、これが!
今は、第三章のポスターがカフェに飾られておりました。
そして、

1s_EPSON016.jpg
波動砲艦隊の主力戦艦

1s_EPSON017.jpg
ズォーダー大帝!
旧作より迫力あります!

1s_EPSON018.jpg

ゆ~きぃ~っ!!

これらもGETできました!
さらに脚本を担当する福井晴敏氏のサインも!!
どうもヤマトにつられて訪問しているようですが・・・
まあ、お許しくださいませ。

昨夜、このCAFEを訪問した時のことでございます。

1s_DSC_0760.jpg

サラシ様、私の目の前でイスに飛び上がり、
カメラ目線をくださったのですが・・・
撮れたのはこの写真。
ワンテンポ、シャッターが遅い。。。。。
どうもいけません。
ここ数日の蒸し暑さでやられています。
それともパソコン修復で格闘したために、
気力が切れてしまったか!?
寝込むほど体調は悪くないのですが、
どうもすっきりしないのでございます。

1s_DSC_0753.jpg

なんとも言えないモヤモヤ感を抱えながら、
スカイツリーを横目に曳舟を後にする執事でございました。

諦めなければ、奇蹟は起きる!
今回のパソコン修復作業で、それを実感した私でございますが、
寄る年波には勝てぬのか!?
気合が足りぬのか!?
今月中の「昼間から、ペットショップ、ブリーダー、片っ端から訪問」
を諦めてしまいそうでございます。

執事の就活ロードマップ、若干の修正、
9-10月本格活動、年内お迎えを目指します。

天にましますロン様、シオン様、
若干の軌道修正をお許しください。。。。
とはいえ、
少しずつ訪問活動は継続、
バテないように夕方の時間帯に続けるつもりでございます。
土壇場での粘り腰、(悪く言えばしつこい!?)
この執事でございますゆえ。。。。。




語りかけてくる・・・・
久々の執事でございます。

やっと実家二階の整理を終えました。
出てきたものは、
1s_DSC_0741.jpg

使い古された飯盒、ポータブルレコードプレイヤー・・・・
果たして、まだ使えるのでしょうか・・・
そして、父の遺品のカメラ。
1s_DSC_0744.jpg
写真が好きだったなど・・・一度も聞いたことがなかったのに・・・・
そして、
調子に乗って一階の押入れにも手を伸ばします。
すると、
1s_DSC_0742.jpg
お犬様登場!!
実は、これ、私は一度もみた記憶がございません。
我が家は、やはり犬好きの家系だったのでございましょうか!?

母に、どうしてこんなものがあるのかと問うてみました。

「知らん!、ばあちゃんからは、おまはんはアホやから触らんとき!!、
そして父さんからは、お前はどうせなんもわからんから、さわるな!!」
と言われていたそうでございます。
母は、こう続けます。
「私は、なんも触ってへん。ばあちゃんが仕切って何でもとっておいて、
ばあちゃん、亡くなった後は、父さんもまた何でも溜めこんでたで。。。」
そして、
「ガラクタいっぱい溜めこんで・・・結局、あんたがえらい目にあうなぁ!」

確かに、そのようでございますね。。。。。
しかし、ガラクタばかりではありませんでした。
一階に手を付け始めて暫くして、
出ました。出ました!

1s_DSC_0743.jpg
高価そうな(?)漆の箱。

1s_DSC_0745.jpg

カラフルな花瓶と灰皿のセットなどなど・・・
遺品の声を聴く!、こんなフレーズのドラマがあったような気がしましたが、
今回、感じているのはまさにそれでございます。
犬をはじめ、動物はあまり好きではないと言っていた父。
しかし、どうやら真実は・・・犬は好きだが好かれない!
だったのかもしれません。
(父を見た全てのお犬様は吠えまくり、それに呼応するかのように。
うるさいっ!、怒鳴る父、そしてまたそれを聞いて吠えまくられ・・・)

祖母も父も、多くを語ってはくれませんでした。
昔気質の人はそうなのかもしれません。。。。。
今となっては、もっと色々と教えてもらっていれば・・・
後悔している私でございます。
そして、遺品ともいえるガラクタ(?)の声なき声を聴き、
昔を想像している私でございます。

しかし、
そんな私も、これだけはその存在を聞いていました。
波紋・・いや、そうではなく、
家紋でございます。

1s_DSC_0756.jpg

ついに見つけました!!
我が家のお墓にも、襖にも刻まれているこの紋。
いざ、拡大!
1s_DSC_0755.jpg

その箱の文字が右書きのため、戦前に作られたもの!?
いつから実家にあるのか、それは分かりませんが、
我が家のルーツをたどることができるものかもしれません。

我が家は、分家でその苗字は沖縄の地名に由来する。
一度、血統が絶えた家を戦後に養子縁組で再興した。
そんなことは聞いたことがるのですが・・・・
この家紋は、どう見ても沖縄由来には・・・
いつか、本格的に調べてみなくてなりませんね。

それにしても、
これ、私には不釣り合いのものでございます。
「我が血統を絶やすな!」
そう語りかけているような気がします。
しかし、
肝心の私は、世継ぎどころか独り身・・・・
このまま・・・あの世に行ったら、
ご先祖様になんと詫びましょうか・・・・・
笑ってごまかしますかね????
なんだか・・・
お犬様のための就活に加え、
婚活もしなければならないような気がしてまいりました。
今更ではございますが・・・・・